恒成、フライ級転向を正式表明「気持ちを新たに頑張りたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

今月1日付でボクシングのWBO世界ライトフライ級王座を返上した田中恒成(22=畑中)が名古屋市内で会見し、フライ級転向を正式表明した。

9月の防衛戦で両目の眼窩(がんか)底を骨折し、年末に計画していたWBA世界ライトフライ級王者・田口良一(ワタナベ)との統一戦が消滅。指名試合などの関係で実現に時間がかかるため「減量がもう無理」と判断した。前日5日には上京して田口に直接、謝罪したという。「気持ちを新たにフライ級で頑張りたい」とミニマム級、ライトフライ級に続く3階級制覇へ意欲を示した。復帰戦は来年3、4月となる予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オールスター戦の看板に偽りなし、世界チャンピオンがズラリ並んだ「クリスマスマッチ」実現・柔道ワールドマスターズ2017
祖母のため!細川バレンタインが遅咲き新王者
前田日明 時空を超えて無限大につらなる輪RINGSのひとつめの輪――フミ斎藤のプロレス読本#155[前田日明編・後編]
村田諒太の無敵の笑顔、王者奪取の裏にある心の動き
4割超はアムロファッション経験者 “アムラー世代”の関心事はやっぱり!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加