カシオ、最大ISO51200で撮影できる高感度のアクションカメラを発売

カシオ、最大ISO51200で撮影できる高感度のアクションカメラを発売

  • MdN
  • 更新日:2016/12/01
No image

Outdoor Recorder EX-FR110H

カシオ計算機株式会社は、アクションカメラ「エクシリム Outdoor Recorder」の新製品として、暗所でも明るい写真を撮影できる「Outdoor Recorder EX-FR110H」を12月9日に発売すると発表した。

同製品は、最大ISO51200での撮影が可能な高感度裏面照射型CMOSセンサーを搭載したデジタルカメラで、暗がりでも明るい写真を撮影できる。有効画素数を190万画素に抑えることで、1画素あたりの面積を大きくし、高感度を実現している。

また、高感度裏面照射型CMOSセンサーの性能を最大限に引き出すため、ノイズを抑える専用の回路を新規に設計したほか、高速撮影技術と高速画像処理技術を融合させた「EXILIMエンジン HS ver.3」による画質の最適化を図るなど、暗所での高画質で快適な撮影を可能にした。レンズは広角20mmで、3.0型静電容量式タッチパネル付き液晶を搭載している。

一定間隔で静止画や動画を自動で撮影することが可能で、撮影シーンに合わせて、撮影間隔や撮影モードが選択可能で、両手がふさがっている状態でも撮影できる。カメラ部とコントローラー部を分離することが可能で、シーンに応じて4つの撮影スタイルが選べる。

強度に優れた素材と構造を採用しており、カメラ部とコントローラー部ともに1.7m(合体時は1.3m)からの落下に耐える耐衝撃性能、-5℃の耐低温仕様、IPX8、IPX6相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能を実現している。

カシオ計算機株式会社
価格:オープン
URL:http://casio.jp/dc/products/ex_fr110h/
2016/12/01

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ポケモンGOの「謎の仕様変更」 広告ビジネス本格化の予兆か
充電なしでスマホを12年間も動かせるバッテリーが開発される
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
5年以内に暗闇でも見えるようになる赤外線メガネが実現するかもしれない
無料でレスポンシブサイトをクリックだけでデザインしてダウンロードも可能な「Launchaco」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加