MLBオールスターがメジャー30球団に入ったら? MLB公式がチーム力を分析

MLBオールスターがメジャー30球団に入ったら? MLB公式がチーム力を分析

  • フルカウント
  • 更新日:2018/11/09
No image

複数安打を放ち勝利に貢献したMLB選抜のロナルド・アクーニャJr.【写真:Getty Images】

来日しているMLBオールスターが実際にメジャー30球団の中でプレーしたら?

9日から東京ドームで開催される日本代表対MLBオールスターの日米野球。8日には巨人との「2018日米野球エキシビジョンゲーム」が東京ドームで行われ、MLBオールスターが9-6で勝利した。MLB公式サイトではMLBオールスターチームについて「実際の球団ならどこまで強いのか?」と検証。打撃面は今季ワールドシリーズ優勝を果たしたレッドソックスの最強打線に匹敵するほどの強力な陣容と評価している。

ハワイ合宿を経て、来日したMLBオールスターチーム。急造チームながらも巨人戦では自力を見せつけた格好となったが、果たしてどこまでの強烈なメンバーが揃ったのか。

「日米オールスターシリーズのチームは実際のMLBチームでどこまで優秀なのか?」と特集したのはMLB公式サイトの動画コーナー「CUT4」だった。

投手15人、野手14人の来日メンバーについては「かなり強力なロースターだ。特に打線が」と評価。そして、「このチームが実際にメジャーリーグでフルシーズンを戦うとすれば、どこまで優秀なのか? 見てみよう」と実際にシーズンを戦った場合、どこまでの強さを見せることができるのか分析している。

ベストラインナップは強力だ。1番は「ダイナミックな能力」と特集で称賛されたブレーブスのナ・リーグ新人王最有力候補のロナルド・アクーニャ、2番はマリナーズのオールスター出場のミッチ・ハニガー、3番はナショナルズの新人王候補ファン・ソトら強力外野トリオがいきなり並ぶ。

セイバーメトリクスのWAR(Wins Above Replacement)という指標ではラインナップの今季WARの合計は30に到達。その選手が代替可能な選手に比べてどれくらい勝利を生み出すかの指標。攻撃、守備、投球面のあらゆる数字を加味して複雑な計算式で算出する。この数値が高いほど優秀な選手とされており、打線がいかに強力なのか示している。

この「30」というWARはメジャー最強打線でワールドシリーズ優勝を果たしたレッドソックス打線と同格の数字だと特集では評価している。

本塁打は4番のリース・ホスキンス(フィリーズ)、5番のオールスター出場のエイウヘニオ・スアレス(レッズ)がともに34本塁打を放っており、今季合計208本を記録している。7番には今季メジャー最多盗塁を記録したウィット・メリフィールド内野手も存在感を放っており、足を生かした攻撃も期待できる。

打撃は文句なしも先発陣に疑問符「圧倒的な投手はロースターに不足」

前回2014年の日米野球ではメジャー入りしていなかった若手も6選手ロースター入りしており、「若さ」もこのチームのキーポイントだと指摘されている。

ベンチについてはキケ・フェルナンデス、クリス・テイラーというどのポジションもこなすドジャースコンビが「素晴らしい柔軟性をもたらす」と記事では分析。ブルージェイズのケビン・ピラー外野手は「最高の守備固め」とされ、百戦錬磨のヤディアー・モリーナ捕手は「メジャー最高の控えキャッチャーになる」と評価されている。

一方、先発陣には疑問符が付けられている。「日米シリーズのほとんどの投手がメジャーであまり先発していないか、数多く先発試合に出ていない効果的なリリーバーだ」と指摘している。

ドジャースの前田健太投手も参戦しており、「何人か堅実な投手もいる。エース満載の2018年のアストロズのようでは全くないが、イニングを稼ぎ、ブルペンに繋げられる信頼性のある選択肢は存在する」と分析。先発陣を補うのが、過小評価のブルペン陣だという。

「先発ローテーションの1、2番手の圧倒的な投手はロースターに不足しているが、過小評価されているリリーフ陣がそれを補っている」と特集では指摘。パドレス守護神のカービー・イエーツを筆頭に、レイズのビダル・ヌーニョ、カージナルスのジョン・ブレビア、アストロズのコリン・マクヒュー、アスレチックスのユスメイロ・ペティットという抑え陣の合計防御率は2.49で、「メジャー屈指のブルペン」と絶賛されている。

チーム全体としてはプレーオフ進出の期待を持てる魅力的な布陣だと評価している。「ダイナミックな打線と未知数なローテーションの狭間で、このチームはシーズン中に数々の乱打戦に参戦することが見込まれる」と分析しているが、投手陣の補強は不可欠だという。

「ワイルドカード争いに絡めるだろう。トレード期限前に投手陣を向上させることができれば、2番目のワイルドカードの位置を手にできるかもしれない」と特集ではチームのポテンシャルを評価していた。

若きスターら実力者が集結したMLBオールスターチーム。原巨人にいきなり黒星を突きつけた実力は本物と評価されている。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】大谷翔平を「手荒く歓迎した」一発も...MVPベッツの「功績」を米メディアが列挙
「MLBに立ってから言って」ダルビッシュ有がネット民とレスバトルで“もはや依存症”の声
【野球】上原浩治が語る日本製硬式球の質 世界を経験したレジェンドが提言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加