五輪メダリストが続々欠場 大野、羽賀、原沢が... 柔道グランドスラム東京

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/30

全日本柔道連盟は29日、来月2~4日に行われるグランドスラム東京(東京体育館)にエントリーしていたリオデジャネイロ五輪男子73キロ級金メダリストの大野将平(旭化成)、男子100キロ級銅メダリストの羽賀龍之介(旭化成)、男子100キロ超級銀メダリストの原沢久喜(日本中央競馬会)が欠場すると発表した。

大野は今年4月の全日本体重別で痛めた右足首が五輪までに悪化し、リハビリ中であること、羽賀も4月の体重別で痛めた左ひざじん帯の完治を目指し、リハビリ中であること、原沢は11月に左ふくらはぎを痛め、全治1カ月と診断されたため。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
W-1・河野がイケメン粉砕でV1 若手軍「NEWERA」全敗で無冠に
引退の長谷川穂積、「せやねん!」出演で家族がサプライズ共演
TBS大みそか特番で井岡一翔の試合を完全生中継!
ブレット問題発言「こんな会社、やめてやる」――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第241回(1997年編)
長谷川穂積引退 異例!世界王者のまま...不死鳥伝説残し17年間のボクシング人生に幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加