病気とたたかう子を癒やす「ファシリティードッグ」 ゴールデンレトリバーのアニーがやってきた!

病気とたたかう子を癒やす「ファシリティードッグ」 ゴールデンレトリバーのアニーがやってきた!

  • sippo
  • 更新日:2017/09/17
No image

小児がんなどの重い病気で入院する子どもや家族を癒やし、実際の治療やリハビリの手助けにも活躍する「ファシリティードッグ」として、神奈川県立こども医療センター(横浜市南区)に13日、「アニー」が着任した。先代の「ベイリー」と同様に、センターの「職員」として活躍が期待されている。

アニーはベイリーと同じオーストラリア生まれのゴールデンレトリバー種。1歳7カ月のメスで、体重は約25キロ。ハワイでの訓練を経て8月に同センターへ移り、トレーニングを続けてきた。

No image

同センターによると、ファシリティードッグは国内で静岡県立こども病院と同センターにしかおらず、メスはアニーが国内初。小児がんや重い病気と闘う子どもたちを支援するNPO法人「シャイン・オン・キッズ」(東京都中央区)が無償で派遣する。

平日に毎日「出勤」して病棟を回るほか、子どもがいやがる痛い注射や手術室への付き添い、リハビリの歩行訓練での手助けなども行う。

2012年7月に着任したベイリーも現役職員だが、12月で10歳を迎える。一般的な引退時期が近づいているとして今後は活動量を減らし、徐々にアニーへ業務を引き継ぐ。当面は2匹で務めるが、世話役のハンドラーは1人のため、「シャイン・オン・キッズ」は2匹の散歩やシャンプー対応などが出来る人を募集して「サポートチーム」を編成する方針。

同センターには、300人を超える子どもたちが入院している。ベイリーは昨年度、延べ3123人の子どもたちに対応した。

引き続き、2匹のハンドラーを務める森田優子さん(36)は「アニーも子ども好きで、優しい性格。すぐに優秀なファシリティードッグになれると思う」と話している。

(岩堀滋)

<関連記事>

病気の子どもを癒やしたいわん セラピー犬、医療機関で常勤広がる

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
登山・トレッキング・ハイキングに人気のエリアTOP10
【衝撃】Hydeが48歳だと信じられないのでアラフィフのミュージシャンをまとめた結果 → 時空歪みすぎィィィイイイ!
豊田真由子氏の秘書また退職 復帰後にお礼やねぎらいの言葉なく...
「ブラック企業リスト」427社に 賃金未払いなど相次ぐ
猫だらけ...「玉電」開通110年で特別列車登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加