7年後の宇宙旅行目標 ANAとHIS出資

7年後の宇宙旅行目標 ANAとHIS出資

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/02
No image

ANAホールディングスと大手旅行会社のエイチ・アイ・エスが、宇宙輸送機を開発するベンチャー企業に出資し、資本提携した。7年後の宇宙旅行の事業化を目指すという。

ANAホールディングスとエイチ・アイ・エスが出資したのは、宇宙機を開発するベンチャー企業「PDエアロスペース」。このベンチャー企業は、宇宙空間を行き来できるようにするためジェットエンジンとロケットエンジンを切り替えることができるエンジンと、宇宙輸送機の開発を進めている。

エイチ・アイ・エス澤田秀雄社長「夢だけではなくて、将来はぜひ宇宙旅行とか、いろんな意味での旅行でも、日本のこういう新しい技術が世界で十分競争できるように」

3社は、7年後の2023年12月の宇宙旅行の事業化を目指していて、料金は1人1400万円程度を想定している。

ANAホールディングスはパイロットの育成などに協力し、エイチ・アイ・エスは宇宙旅行の販売などを担当するという。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
「在宅勤務はちょっと時期尚早...」などとお考えの日本企業の皆様へ
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
ユニクロに1年潜入取材してみた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加