中学教師が酒気帯び運転 防犯カメラに映っていた衝撃の行動とは...

中学教師が酒気帯び運転 防犯カメラに映っていた衝撃の行動とは...

  • しらべぇ
  • 更新日:2019/07/24
No image

(Prot Tachapanit/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

全国で毎日のように起きる教員の不祥事。今度は中学校教師の信じられない行動が、防犯カメラに映っていた。しらべぇ取材班は、熊本中央署、教育委員会、勤務校を直撃。

■中学教師を飲酒運転で逮捕

熊本県警は、20日に熊本県人吉市に住む中学校教師(64)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕した。逮捕された男は、山江中学校の音楽担当の常勤講師。

熊本中央署によると、まず男は熊本市中央区の市道で普通自動車を運転中にバックで電柱に激突。リアガラスが割れて落ちたにも関わらず、車を移動させ別の車に衝突、その後車を降りて徒歩で移動し始めたという。

それを見ていた通行人が110番通報。警察が呼気検査をしたところ、呼気1リットルあたり0.68ミリグラムのアルコールが検出されたため、逮捕に至った。

■基準の4倍の数値が検出

男から検出された呼気は、基準値の4倍にあたる数値であった。警察の調べに対して男は、「熊本市内の別の場所で友人と飲んでいた。別の要件があったので、事故を起こした現場に車を運転して移動。

酒を飲んで運転したことに間違いはない」と容疑を認めている。警察は事故の状況などを、慎重に捜査している。

■「まじめな教師で信じられない」

山江村教育委員会は、しらべぇ編集部の取材に対して「この教師は定年後の再任用の教師。再任用の期限は、65歳までで、今年4月からこの学校で勤務が始まった。問題行動等は全くなかった」と回答。

また教師が勤務する山江中学校の教頭は、「まじめな教師で信じられない。クラス担任はもっていないが、卓球部の顧問を務めていた。全校生徒125人で音楽の教師は、この教師ひとりだけ。新学期からの授業に影響が出ないようにしなければならない。緊急の保護者会開催や生徒の心のケアを第一に考えて、対応していく」と取材に答えた。

■反面教師にしなくては…

ネット上では反面教師にしなくてはという声があがっている。

「反面教師。この時点で人にものを教える資格はなくなった」

「このオッサンそんな状態で、約二時間かかる人吉市の自宅まで運転するつもりだったんだろか? 恐ろしい」

「免許取り消しで二度と交付できない法律にすべき」

「教師たるものが…子供達から説教して貰いたい」

ルールを守れない大人が教壇に立っている現状。その教えを受けている生徒たちが、あまりにもかわいそうだ。

・合わせて読みたい→神奈川県の中学校教諭が女子大生の上半身を触り緊急逮捕 県警・教育委員会を直撃

(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニュージーランド議長、腕の中に赤ちゃん
「ボリビアで三つ子生んだ」と偽り120万円詐取か
「50人くらい相手した」高2女子に売春させた疑い
【報ステ】横浜市“カジノ誘致”表明...94%が否定的
ペットフードから「サルモネラ菌」、14匹死亡か 食品ではなく「生活用品」扱い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加