w-inds. ツアーファイナル香港公演が大盛況で終了

w-inds. ツアーファイナル香港公演が大盛況で終了

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2017/11/13

ダンスボーカルユニットw-inds.が、11月11日にw-inds.LIVE TOUR 2017 “INVISIBLE”のツアーファイナルとなる香港公演をKowLoon Bay KITEC-Star Hallにて開催した。7月にスタートした国内14公演を経て、千秋楽となった香港でもダブルアンコールを含む全23曲披露し、ファン3000人が詰めかけた会場を熱狂させた。

No image

香港ではJ-POPアーティスト初となる在外公館長表彰(総領事表彰)を授与されるなど、アジア圏の中でも特に絶大な人気を誇っており、2007年に初めて香港を訪れて以来、単独公演は9回目だ。アルバムは12作連続で「IFPI香港トップセールス・ミュージックアワード」を受賞中という快挙を達成するなど、長年にわたり香港でのJ-POP普及に寄与してきたw-inds.

2007年に香港返還10周年記念イベントで初めて訪れてから今回で10年目の香港となる。アンコール時には涼平(Chorus/rap)が前日の記者会見にて現地ファンから贈られた似顔絵入りのスニーカーをはいて3000人を感激させた。終了後も鳴りやまないw-inds.コールを聞いて、龍一(Chorus /rap)が「香港という土地で僕らの音楽が鳴り響いて、ファンが笑顔になった瞬間がかけがえのないものだと感じました」と感無量のコメント。慶太(Vocal)は「2018年もまた香港に絶対来ます!」と決意を伝え、2017年の全国ツアーの幕は閉じた。

11月には早くも本ツアーのライブ映像作品がDVD・Blu-rayで発売され、常に凄まじい進化を続けるw-inds.が、2018年はどのようなダンスミュージックを届けてくれるのか…来年も3人から目が離せない。

photographer:片山剛

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
EXILE ATSUSHI、京セラドーム単独公演2DAYS決定
椎名林檎、AbemaTVの生放送に出演
sumika、名古屋の観客と“目を見て約束”した「Familia」ホールツアー最終公演
バナナマン最新単独ライブDVD化決定、発売に先がけて映画館で上映
海外輸出を視野に入れた新たな展開を行う『Tokyo Dance Music Event』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加