京浜急行電鉄、歴代塗装4デザインを施した特別ラッピング列車「京急120年の歩み号」 2月25日から1年間運行

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/16
No image

京浜急行電鉄は、創立120周年を記念して特別ラッピング列車「京急120年の歩み号」を、2月25日より京急大師線で運行する。

歴代の京急車両のカラーリングである4つのデザインを、1500形1編成4両にそれぞれ1両ずつ再現するもので、車内には昔の沿線写真や当時の広告を展示する。3号車のみ既存の1500形と同様デザインのため、ラッピングは施さない。

1号車は1934年から1965年まで使用された、デ51形の塗装をイメージした。木製の扉もラッピングで表現する。1965年に廃車となったものの、創立80周年事業の一環として1978年に復元され、京急ファインテック久里浜事業所内に静態保存されている。2号車は1951年に登場し、1986年に廃車となった500形の赤・黄色の塗装をイメージした。3号車は1953年から現在まで使用されている、初代600形で初めて採用されたデザイン、4号車は1978年に登場した800形から採用された赤と太い白帯のデザインを施した。

内窓上部分ではそれぞれの車両デザインが使用された時代を中心に、当時の写真、広告、きっぷなどを展示して、京浜急行電鉄の歩みやその時代の京急グループ、沿線地域の移り変わりを紹介していく。運行期間は約1年間を予定している。運用の都合上、運行しない日や本線を運行する日もある。運行時間は京急大師線運行時のみ公開する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JR東労組、民営化後初のストライキか 厚労省などに通知
野田総務相“重大な事故”の可能性、ソフトバンク通信障害
弁護士から200万円恐喝未遂 東京法務局の職員逮捕
【報ステ】102歳男性が自殺...東電に賠償命令
奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加