ちゃんぽんに出せる金額は「987円」 一方で「ゴージャス派」の存在も無視できない!

ちゃんぽんに出せる金額は「987円」 一方で「ゴージャス派」の存在も無視できない!

  • Jタウンネット
  • 更新日:2017/09/15

「長崎ちゃんぽん」といえば、九州を代表するグルメと言える。具だくさんで野菜もたっぷり、しかも独特な味のスープがクセになる。いまや九州のみならず、日本中で人気のある麺料理のひとつだ。

そこでJタウン研究所は「ちゃんぽん1杯、いくらまで出せる?」をテーマに、300円から2000円まで100円刻みで、都道府県別のアンケート調査を行った(総得票数1236、投票期間2017年8月10日~8月25日)。はたして、その結果は――。

「500~1000円」が適正と考える人が多かった

全国の平均価格を算出してみると、987円(以下、金額は小数点以下四捨五入)になった。もっとも支持を得たのは、800円(23.0%)。しかし、ダントツ人気というわけではなく、700円(16.6%)などと票をわけあっている。

また、600円(11.2%)、1000円(8.3%)、900円(6.2%)、500円(4.4%)などを合わせてみると、全体の3分の2以上が、「500~1000円」あたりを適正と考えているようだ。

また、極端に金額が多い2000円(14.4%)や、逆に少ない300円(5.8%)も、かなりの票を獲得している。思い切りゴージャスなちゃんぽんを食べたい人、シンプルな一杯を好む人など、極端に分かれているということか。

No image

「ちゃんぽん1杯、いくらまで出せる?」(Jタウンネット調べ)

都道府県別に見てみると、最高額は富山県と長野県。両県とも数票と少なかったが、「1900円」「2000円」に投じている。一方で、もっとも価格が低かったのは、広島県(平均479円)。約5割が「300円」と回答している。

日本地図に落とし込むと、明確な地域差はなく、ばらけている印象を受ける。総得票数の半数を占める東京都は821円と、全国平均より160円ほど低かった。

それでは本家本元、長崎県の場合はどうだろう。

長崎県の得票数は10票だった。そのうち4割が700円に投じられている。800円(10.0%)、900円(10.0%)、1500円(10.0%)、1800円(10.0%)と分散している。ここでも注目すべきは、2000円(20.0%)、ゴージャス派の存在だ。やはり贅沢なちゃんぽんを望む人々の意向は無視できない。平均価格も1180円だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“元プロ棋士”投資家・桐谷氏を救った株主優待
【鼻血ブー】イスラエルの軍人さん色っぽすぎィィイイイ! 必殺技「悩殺」だけで将軍まで上り詰めるレベル!!
中国発・日本人を壊す「猛毒食品」衝撃の実態
ナスDもビックリ! タトゥーの染料が体内に浸透し、肝臓が青色に変色しちゃった!?
なんだこの店! 不快になった店員の「いらっしゃいませ」3選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加