東京ドームでEXOワールド「すべて差し上げます」

東京ドームでEXOワールド「すべて差し上げます」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

東京ドーム公演を行ったEXO、左からレイ、ベクヒョン、ディオ、カイ、セフン、シウミン、チェン、スホ

韓国の男性ダンス・ボーカルグループEXO(エクソ)が11月30日、東京ドーム公演を行った。2年連続の同所公演は、3回目を迎えたワールドツアー日本公演の一環。爆発的な歌唱と大胆なダンス、そしてセクシーなルックスで約4万5000人のファンを何度も沸かせた。

リーダーのスホ(25)は「会いたかったです。盛り上がって行きましょう」とあいさつ。カイ(23)も「東京ドームは最高です。皆さんにすべてを差し上げます!」と盛り上げた。3時間以上に及んだパフォーマンスでは、今月7日発売の新曲「Coming Over」を初披露。レインカーテンの中で歌唱する激しいステージングに加え、チャンヨル(24)とレイ(25)のアコースティックギター演奏も実施。盛りだくさんのステージで、東京ドームを“EXOワールド”一色に染め上げた。

日本デビューからわずか1年の新星が、日本のKポップシーンをけん引している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名刺代わりのアルバム 清塚信也 (ピアニスト・俳優・作曲家)
ピコ太郎は何位?2016年のYouTube動画グローバルランキング
港カヲル初ソロ作に松尾スズキ作詞曲、コンサートには綾小路翔が出演
ピコ太郎とMC Hammerの共通点!? リバイバル到来、 90s’ Party Music Everybody Listen Now! 90s’ Party Music
宇多田ヒカル、ネットイベント『30代はほどほど。』にて「忘却 featuring KOHH」「人魚」を初生パフォーマンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加