8強入りは決定的...リバプールがポルトを一蹴!アウェーで圧巻のゴールショー

8強入りは決定的...リバプールがポルトを一蹴!アウェーで圧巻のゴールショー

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/15
No image

[2.14 欧州CL決勝T1回戦第1戦 ポルト0-5リバプール]

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は14日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、リバプール(イングランド)が敵地でポルト(ポルトガル)を5-0で下した。第2戦は6日にアンフィールドで行われる。

グループリーグ首位通過のリバプールは、11日のプレミアリーグ第27節サウサンプトン戦(2-0)から3人を変更。DFジョエル・マティプとMFエムレ・カン、MFアレックス・オクスレード・チェンバレンに代え、DFデヤン・ロブレンとMFジョーダン・ヘンダーソン、MFジェームス・ミルナーが先発に起用された。一方、国内大会負けなしのポルトも11日に行われたポルトガルリーグ第22節シャベス戦(4-0)から3人を入れ替え、ホームでの重要な一戦に臨んだ。

強い雨風の中、最初にチャンスが訪れたのはポルトだった。前半10分、FWムサ・マレガがキープしてつないだボールをMFオタビオが右足シュート。決定機だったが、PA中央から放ったシュートはロブレンのブロックに阻まれた。対するリバプールは22分、左サイドからDFアンドリュー・ロバートソンが左足で鋭いクロスを供給。ニアにFWロベルト・フィルミーノが飛び込んだが、合わせることができなかった。

徐々にリバプールの攻勢が強まってくると、前半25分にスコアが動く。GKジョゼ・サのスローイングを高い位置で奪い、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが強引な中央突破から右足を振り抜く。相手ブロックに阻まれながらもPA左へつなぎ、MFサディオ・マネが右足シュート。GKジョゼ・サの脇下を抜けて貴重なアウェーゴールを手にした。

さらにリバプールは前半29分、PA左手前でミルナーがボールを奪い、PA左まで運んで右足を一閃。これは惜しくも右ポストを叩いたが、跳ね返りをFWモハメド・サラーが巧みなコントロールでGKジョゼ・サをかわして左足でねじ込んだ。なお、サラーは今季公式戦30ゴール目となった。

ホームのポルトはハーフタイムでオタビオを下げ、FWヘスス・コロナを投入。まずは1点を返したいところだが、後半8分に追加点を許してしまう。リバプールは得意のカウンターが発動。サラーのパスを受けたフィルミーノが相手のプレッシャーを受けながらもPA中央から右足を振り抜く。GKジョゼ・サが弾いたボールをマネが右足で流し込み、3-0と試合を決定づけた。

ポルトがサイドを起点に押し込む時間帯もあったが、リバプールの勢いは止まらない。後半24分、マネのスルーパスを受けたミルナーがPA左から中央へ折り返し、ゴール前に走り込んだフィルミーノが右足で丁寧に流し込み、4-0。30分には、ヘンダーソンに代えてマティプを投入し、守りを固めた。

さらにリバプールは、DFジョー・ゴメスとFWダニー・イングスを入れる余裕をみせ、後半40分にはマネが豪快な右足ミドルを突き刺し、ハットトリックを達成。リバプールがアウェーでの第1戦を5-0で制し、ベスト8入りをほぼ確実なものとした。

●プレミアリーグ2017-18特集

●欧州CL17-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
櫻井翔、フィギュア銀の宇野選手の本音を引き出すインタビューに称賛の声
同僚批判の韓国スケーターが涙の謝罪、国民は「国辱」と怒り
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
加藤浩次「なんだコイツ」 スケート北朝鮮選手の「接触行為」に反発
「韓国開催の五輪はもはや理解不能」=中国がショートトラックでまたしても失格―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加