セクハラ行為の伊之助、重い処分も検討 13日臨時理事会

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/13

行司の最高位、立(たて)行司の第40代式守伊之助(58)=本名・野内五雄=が10代の若手行司にセクハラ行為を行ったことについて、協会は13日に臨時理事会を開き懲戒処分を検討する。

伊之助は12日、東京・両国国技館に協会執行部の尾車事業部長(元大関琴風)、春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)らを訪ねた。「不祥事のおわびにきた」とし、辞表の提出は否定した。

協会幹部によると、立行司による不祥事には厳しい意見が出ており、出場停止を含めた重い処分が検討される方向。協会の懲戒処分は重い順から「懲戒解雇」「引退勧告」「降格」「業務停止」「出場停止」「報酬減額」「けん責」。

伊之助は昨年12月、沖縄・宜野湾市での冬巡業後に泥酔。10代行司に複数回キスするなどした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豪栄道、納得の4連勝=大相撲初場所
序盤の2横綱連敗は19年ぶり=大相撲
白鵬「狙いどうこうもない。いいところがない」 5日目は「やってみないとわからない」/初場所
波乱!稀勢の里3敗、白鵬2敗、鶴竜4連勝 初場所
すぐに腰高、寂しい3敗=稀勢の里、また窮地-大相撲初場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加