目黒学院が4大会ぶり18度目の花園へ 早実に快勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12

<全国高校ラグビー東京大会:目黒学院38-7早実>◇決勝◇5日◇江戸川区陸上競技場

目黒学院が、東京第1地区の決勝を制し、4大会ぶり18度目の全国大会(12月27日開幕、大阪・花園)への切符を手にした。

春の東京大会の準決勝と同じカードとなった早実との対戦で、許したトライは1つのみだった。主将の高橋達也(3年)は「東京大会の決勝も花園も、今まで経験したことが無かったので本当にうれしい。花園では100%の守備にして0に抑えたい」と喜びを爆発させた。

先発した15人のうち、トンガ、タイからの留学生と、父親が外国人という選手が4人で、国際色豊かなチームとなっている。高橋は「彼らも本当に頑張っている。異文化交流にもなるし、共に戦う大切な仲間です」とチームメートをたたえた。竹内圭介監督(40)も「彼らのもつポテンシャルは自分たちのチームの売りですが、それだけではなく、ほかのメンバーのパフォーマンスも上がってきている。チームの目標である日本一にどれだけ近づけられるか。一日でも長く花園でプレーさせたいですね」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
安室奈美恵“子離れ”できず「お前うぜえよ」
ビートたけしの“子ども”がラブドールを相手にガチSEXしていた
二階堂ふみ 「ぐるナイゴチ」涙の卒業...「お芝居の方に集中」、メンバーびっくり
脱げる女優・佐々木心音×AV女優・紗倉まな「女の子たちが、絶対通る道」を語る──
女子が語る「浮気する女」の特徴5つ あの子はね、やるよ...!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加