【書評】ユニクロ潜入一年の記者が暴く、バイトらの悲痛な叫び声

【書評】ユニクロ潜入一年の記者が暴く、バイトらの悲痛な叫び声

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2018/05/25
No image

ユニクロを経営するファーストリテイリングの会見から締め出しをくらい、怒りのままにユニクロ店舗へのバイト潜入を決めた著者。柳井社長の言う「僕の悪口を言う人は、どういう企業なのか体験してほしい」という言葉を実行した結果は──? そんな潜入記を、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介しています。

No image

ユニクロ潜入一年

横田増生・著 文藝春秋

横田増生『ユニクロ潜入一年』を読んだ。『ユニクロ帝国の光と影』(文春文庫)に続く二冊目。2015年4月のファーストリテイリングの中間決算会見の当日、著者は同社の広報部長から、会見への参加は見合わせてほしいという電話がかかってきた。当日発売「週刊文春」の筆者記事「ユニクロ請負工場 カンボジアでも“ブラック”告発」に対する反応であろう。

ユニクロにとってまずいことを書く人物の口を封じるには、会見や取材から締め出すということだ。横田は激怒した。それならばこちらも考えがある。ユニクロの店舗にアルバイトとして潜入するのだ。横田の「天を衝く勢いである瞋恚(怒り)の炎」を原動力に、内部から剔抉(抉り出す)し、「暴君」の気持ちを翻すほどの調査報告を書いてみせよう。ああ、恐ろしい人をマジに敵に回してしまった。

「プレジデント」2015年3月2日号に弘兼憲史による柳井社長インタビュー記事があり、そこでは「悪口を言っているのは僕と会ったことがない人がほとんど。会社見学をしてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたいですね」とあった。「この言葉は、私への招待状なのか」と感じた横田であった。

横田はアマゾンやヤマト運輸、佐川急便などに潜入取材した経験を持つ。しかし、今回は自分を訴えた企業への潜入である。いくら末端の店舗で働くとはいえ、横田増生の本名でアルバイトの面接に及べばバレる危険性が高い。そこで一か月ほどかけ役所に通い、法的に名前を変え、住民票をとり、健康保険や免許証の名前を変えた。その名前で銀行口座を開き、クレジットカードも作った。

もうひとつのハードルが年齢である。大学生や主婦が主力のユニクロのバイトの中に50代で潜り込めるのか。想定問答集を作り、若作りに伊達メガネで面接に臨む。結果、即日採用・翌日勤務が決定した。しかし、恐るべき労働環境であった。めちゃくちゃ不定期、不安定なシフトを組まれる。取り替え可能な部品扱いだ。日曜日の朝7時に、出勤可能な人はいないかと店長からLINEが来る。

「店長やシフト担当者は、人件費を削るだけ削ってシフトを組み、人手が足りなくなると出勤要請をかけ、人手を集める。自分たちのマネジメント能力のなさを、LINEを使ってスタッフに押しつけている。繰り返される出勤要請は、スタッフの負担を軽減しようという思いやりはほとんど見えなかった」

店内では「機密情報」「守秘義務」という言葉が飛び交い、どんな些細なことでも店外では口外禁止である。社員や元社員は守秘義務契約に縛りつけられ萎縮している。アルバイトでさえユニクロに入る時は、かなり威嚇的な「誓約書」を書かされる。ここで描かれるのは、増田自身が体験したユニクロの労働現場の疲弊と、取材で耳にした社員、アルバイトたちの悲痛な叫び声である。

もし柳井社長が本気でユニクロをいい会社にしたいなら、社長という身分を隠し、ユニクロの現場でアルバイトとして働いてみたらどうだろうと増田は提案する。現場には、業務を改善するヒントが、山のようにうずたかく積まれたまま放置されているからだ。柳井社長よ、SLAP裁判など考えず、ブラックバイトの実態を見よ。横田は最初の店舗で独楽鼠のように働き回り、体重を10kg減らした。

編集長 柴田忠男

image by:TY Lim / Shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東大法→三菱商事→ハーバードMBA→ボスコントップのスター経営コンサル・堀紘一の無念
JR西日本グループ、京都に新ブランドホテル開業へ 2020年春
ボーナスで手に入れたいセイコー、シチズン、カシオ、国産BIG3の最新モデル18選
これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種【表一覧】
ソフトバンクの深刻な問題...孫正義会長の後継者不在、16兆円超の有利子負債
  • このエントリーをはてなブックマークに追加