番記者が選ぶ、平成のセレッソ大阪ベスト11! 森島社長に大久保嘉人、香川真司...前線は日本人のレジェンドたちに!

番記者が選ぶ、平成のセレッソ大阪ベスト11! 森島社長に大久保嘉人、香川真司...前線は日本人のレジェンドたちに!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/05/02
No image

前線には西澤、森島、大久保、香川、乾と各時代のレジェンドたちが揃った。

【ベストイレブン選出理由】
どの時代も攻撃陣に個性的なタレントを揃えてきたが、その中でも選りすぐりの5人を前線に並べた。ボランチは歴代最強助っ人とも言えるファビーニョとソウザのブラジル人コンビを選出。

【セレッソ大阪の平成史】
93年12月、前身のヤンマーディーゼル株式会社サッカー部を母体に「セレッソ大阪」が発足した。公募によって決まった「セレッソ」というクラブ名は、スペイン語で桜の意味で、大阪市の市花である桜にちなんだものだった。実はこの時、最終候補には「いてまえ」を反対から読んだ「エマティ」というチーム名も残っていた。

94年の旧JFLで優勝してJリーグ昇格を決めたクラブは、今季でJリーグ参入25周年を迎える。この間、「ジェットコースタークラブ」と表現されてきたように、激しい浮き沈みを繰り返してきた。優勝争いをした翌年にJ2降格を味わったのは実に3度。森島寛晃と西澤明訓の時代、香川真司と乾貴士の時代と、日本を代表するアタッカーコンビを擁しながらも、ライバルクラブのG大阪とは対照的に、タイトルとは無縁だった。
そんなC大阪の悲願が結実したのが17年だった。攻守におけるハードワークと現実的な戦い方を植え付けたユン・ジョンファン監督のもとでルヴァンカップを制し、クラブ史上初のタイトルを獲得した。リーグ戦も3位で終えると、元日の天皇杯決勝で逆転勝利を飾り、二冠を達成した。

※『サッカーダイジェスト』5月9日号(4月25日発売)では、Jリーグ厳選20クラブの平成30年史を特集。番記者が選んだ「平成ベストイレブン」のほか「平成5大ニュース」「名勝負ベスト3」などをお届けする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
誤審再発防止へゴール付近に追加副審8月導入へ
編集部が厳選! 2019年の高校サッカー界を彩る注目銘柄300選 関東編Part2
浦和vs.湘南の誤審騒動を経て「判定の可視化」の議論は新たな局面へ!? ゴールネットの網目やモノの置き場にも一考の余地あり?
“大誤審”はヒューマン・エラー 確認する勇気を
ポドルスキ入院していた 復帰目指すも16日に高熱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加