Google、Cloud TPUベータ版の提供を開始

Google、Cloud TPUベータ版の提供を開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/13
No image

Googleは、Cloud TPU ベータ版をGoogle Cloud Platform(GCP)で公開したことを明らかにした。

Cloud TPU(Tensor Processing Unit)は、TensorFlowで実装された特定の機械学習ワークロードの高速化およびスケールアップに向け、Googleがデザイン・開発した機械学習用アクセラレータ。1ユニットあたり最大180TFlopsの浮動小数点演算と64GBの高帯域幅メモリを搭載しているほか、複数のユニットと接続可能な設計であるため、独自の高速ネットワークを介してペタフロップス級の機械学習向けスーパーコンピュータ「TPU pods」としても利用することが可能だと同社では説明している。

なお、Cloud TPU ベータ版の課金方法は秒単位(6.50ドル/Cloud TPU/時間)となっている。また、一方のTPU podsは、2018年内に Google Cloud Platformの製品として提供される予定でという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホで耳の中を見ながらかきかきできるUSB耳かき機
スバルの北米向け3列シートSUV「アセント」の価格が明らかに! 全車アイサイトと4輪駆動が標準で約350万円から
クルマで出かける時に使いたいGoogleマップの便利ワザ
SIMフリースマホはどこで買うのが正解か?
Windows 10ミニTips 第256回 体感速度を落とす理由? サムネイルキャッシュの自動削除を無効にする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加