大谷は「厳しい新人王争いでトップに立つ」 米専門誌の表紙に登場

大谷は「厳しい新人王争いでトップに立つ」 米専門誌の表紙に登場

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/10/12

米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」が最新号の表紙にエンゼルス・大谷を起用したことを、同誌の公式ツイッターで発表した。

No image

米誌ベースボール・アメリカ最新号の表紙を飾った大谷(同誌公式ツイッターより)

「Double Threat(二重の脅威)」という大きな見出しで投打二刀流の若きスターを称賛。表紙ではさらに「前例のないシーズンを過ごし、信じられないほど厳しい新人王争いでトップに立つ」と記した。

同誌は前号で今季の新人王に大谷を選出。81年に創刊され、マイナー選手や若手有望株の情報の充実ぶりで知られる同誌は、大谷について「不可能な期待に応え、最高峰のレベルで投打に際立っていた」と評価した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「これからも千葉“ロッテ”マリーンズ」ロッテ山室球団社長がシーズンを総括
巨人の捕手・小林、菅野と今度は味方として8年前の“再現”
松坂大輔がソフトバンクではなく中日で再起できた理由
丸、浅村だけではない FA市場で争奪戦になり得る「意外な伏兵」とは
広島新井、最終戦で特製Tシャツ着用 現役最多1693三振デザインに「なかなか秀逸」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加