マドンナ今年で60歳に 「年齢差別、性差別との闘いはやめない」誓い新たに

マドンナ今年で60歳に 「年齢差別、性差別との闘いはやめない」誓い新たに

  • Techinsight
  • 更新日:2018/04/15
No image

かつてマドンナは「私達は、今もなお性差別が溢れる社会で生きているの。そういう社会の望みは、人々に制限を加えることよ」「この仕事を始めてからというもの、ずいぶん辛い思いをさせられた」とも語っていた。そんな彼女が、今年夏には還暦を迎える。

8月にはついに60歳になるマドンナだが、その情熱やパワーに衰えた様子はなく、長くショービズ界での活躍を続ける彼女にみなぎるのは自尊心とそれに値する実力である。しかし世の中は女性の加齢などに敏感で、熟年の婦人に対し「いい年をして派手な格好をするなんて愚かだ」「仕事も辞める時期だろう」などと偏狭極まりない考えを持つ人間は少なくはない。

そんな中、マドンナは『The Cut』の取材に応じ、このように思いを語っている。

「この仕事を始めた頃は、こう批判されたものよ。自分のセクシュアリティをクリエイティブな面に使用するなんてってね。20年も前に直面した批判よ。実に馬鹿げていると思った。」
「そして今の私は、年齢差別を受けているの。人には悪く言われるわ。若い男達とデートしているとか、若い女性達がするようなことを今もしているってね。」
「そういうことがダメだなんて、誰が決めたルールなの? 私は(そんな考え方に折れることなく)闘い続けるわ。」

そしてマドンナの今後の予想は…?

「そうね、10年か20年も経てば(私がしていることが)いたって普通のことになっているでしょうね。(今、悪口を言っているような)人達も口を閉ざすことでしょう。」

また「女性はこうあるべき」「この年代はこう振る舞うべき」といったステレオタイプを失くすのに必要なのは、「模範でしょうね」とマドンナは言う。

「だって人は自分が知らない物事を恐れるものだから。」
「でも今の女性が生きている世界は、昔とは違うの。仕事の種類だって増えた。職場での男女平等についても女性は闘うようになったわ。でも私達はキャリア面だけでなく自分についてもしっかり考えなきゃね。好奇心を持ち続けて、生きていくの。」

そんなマドンナの人生の極意は「ルールなんて、ありはしないのよ」。男性だけでなく、女性だっていくつになろうが輝ける。そして年齢を重ねていようが恋はできるのだと世に知らしめるべく、マドンナは今後も闘い続けるという。

画像は『Madonna 2018年3月13日付Instagram「For a good time: Take good care of your skin」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
関ジャニ∞丸山隆平、渋谷すばる脱退会見でなぜメガネ?その理由にファン感涙
報ステ・小川アナ、放送中の「異変」 セクハラ報道直後、一瞬沈黙し首かしげ...
ホリケン顔色悪すぎ!くっきーの「ネプチューン」顔白塗りモノマネが似すぎてヤバいと話題に
高木美保がハラスメント被害を告白!名前が浮上した大物タレントとは
クロちゃんよりクズ芸人・TKO木下 千原ジュニアへの態度に芸人から不満噴出

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加