PBオイル発売40周年記念! エンジンオイル「スクープ」3年ぶりに復活

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/13

オートバックスセブン(東京都江東区)は、プライベートブランド「AQ.(オートバックス クオリティ.)」からエンジンオイル「スクープ」を2017円10月10日に発売した。

No image

リーズナブルな価格が魅力

プライベートブランドオイルの発売40周年を記念して、「スクープ」が3年ぶりに復活。1977年にオリジナルエンジンオイルとして発売を開始し、1999年には「ヴァンテージスクープ」シリーズを販売、2014年まで利用者に好評を得ていたという。

40周年の節目に復活する「スクープ」は、3L・999円からとリーズナブルな価格が魅力。10W-30をはじめ、ターボ車向け5W-30、低粘度指定車向け0W-20をラインアップした。

オートバックスのオイル交換は電話やWebなどから予約可能で、作業前に利用者を待たせない取り組みを行っている。定期的なエンジンオイルの交換をすることで、燃費の低下を防止し、エンジン本来の性能を発揮。新車時のコンディションをキープするためには3000~5000キロ、または半年のサイクルで交換するのがおすすめだという。

価格は999円~1899円。

いずれも税別。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【東京モーターショー2017】SUBARUが『VIZIV PERFORMANCE CONCEPT』などを出展
【魔改造】スーパーバイク「スズキ・GSX−R1000」のエンジンを積んだ自動車の走行音が大迫力すぎてヤバい
【東京モーターショー2017】スズキが提案する未来のコンパクトSUV『e-SURVIVOR』
【日本初】トラック2台分の超大型車両「ダブル連結トラック」が運用開始!人手不足の解決策となるか
アベノミクスで庶民の給料が上がらなかったワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加