「永い言い訳」豪州で上映、西川美和が本木雅弘を「もっともテイク重ねた主演俳優」

「永い言い訳」豪州で上映、西川美和が本木雅弘を「もっともテイク重ねた主演俳優」

  • ナタリー
  • 更新日:2016/11/30

「永い言い訳」が第20回オーストラリア日本映画祭にて上映され、主演の本木雅弘と監督の西川美和が参加した。

動画を見る

すべての写真を見る(全23枚)

No image

きれいな写真をもっと見る(全23枚)

No image

本作は、西川の同名小説をもとにしたヒューマンドラマ。突然の事故で妻を失うも悲しむことができずにいる作家・衣笠幸夫が、同じ事故で母を失った兄妹とその父親との交流を通して再び亡き妻と向き合うさまを描く。

No image

オーストラリア日本映画祭は、シドニー、メルボルン、キャンベラなど6都市を巡回する日本映画普及のための上映イベント。2人はまず現地時間11月27日にシドニーのイベントシネマズで行われたクロージング上映後のQ&Aに登壇。本木は共演者の竹原ピストル、西川は本木の名前が書かれたTシャツに黒のスーツというペアルックで登場した。

No image

ロンドン在住の本木は、「この映画は、どうしようもなさ、もろさを心に抱えた人々を描いています。およそ劇的とは言えない物語ですが、そんな人々のささやかな心の旅に皆さんが何かつながりを見出してくれたんじゃないかと思います」と英語で話す。また「自分の芝居にはいつも何か届かないところがあって、正直なことを言えば、撮影の初日……というよりは、全部もう一度撮り直したいです(笑)」と本音を明かした。

No image

西川は、幸夫というキャラクターを本木と2人で作り上げていったそう。「私は小説の生き写しのような幸夫を求めていたわけではないので、2人で『じゃあどうやったらこの映画にふさわしい幸夫の感情表現になるのか』と、本当にたくさんのテイクを重ねました。私が今まで撮ってきた映画の中でもっとも主演俳優のテイクを重ねた作品になりました」と振り返った。

2人は翌11月28日に、メルボルン・オーストラリア国立映像博物館での上映に参加。西川は「観てくださった方の反応はどの国も共通している。何か通じてくれているものがあるのだと思う」と、本木は「観た人が身につまされつつもどこか前向きになってくれていると感じる。かすかな幸福感が満足感につながっているようでうれしい」と手応えを語った。

「永い言い訳」は全国で上映中。

「永い言い訳」予告編… の再生はこちら

(c)2016「永い言い訳」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
......えっ終わり!? 「チャンピオン」の打ち切り漫画が「ソードマスターヤマト」級のレジェンド最終回
「ワイルド・スピード」最新作が4月に日本公開、邦題も決定
第2の「君の名は。」へ- 岩井俊二ドラマをアニメ化
「ワイルド・スピード」最新作の邦題決定
「THE BLUE HEARTS」の名曲の数々が劇映画に!尾野真千子、永瀬正敏、豊川悦司ら参戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加