フィアット 500 の2018年型は全車ターボ搭載...シカゴモーターショー2018

フィアット 500 の2018年型は全車ターボ搭載...シカゴモーターショー2018

  • レスポンス
  • 更新日:2018/02/13
No image

フィアット 500 の2018年モデル(シカゴモーターショー2018)

もっと画像を見る
フィアットは、米国で開催中のシカゴモーターショー2018において、フィアット『500』の2018年モデルを初公開した。

フィアット500の2018年モデルでは、全車がターボエンジンを搭載するのが特徴。1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「マルチエア」には、シングルターボ、ツインインタークーラー、スポーツチューンドエグゾーストなどを採用する。

これにより、最大出力135hp、最大トルク20.7kgmを獲得。従来モデルに対して、パワーは34%引き上げられた。トランスミッションは、5速MTまたは6速ATを組み合わせる。

また、フィアット500の2018年モデルには、スポーツサスペンション、パフォーマンス・ブレーキシステム、16インチアルミホイール、スポーツスポイラーなどが標準装備されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三越伊勢丹、ブランド力過信し成長停滞...前年比4割減益で赤字転落寸前
東京の人口集積度、インド・デリー以上で世界ダントツに...転入超過に歯止めかからず
ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ
BTC、11000ドル台で堅調、韓国規制当局の規制強化への脅威が後退【フィスコ・ビットコインニュース】
一夜にして5千万円近くが消失、“恐怖指数”金融商品の恐怖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加