谷口彰悟、日本代表は「まず勝たないと」。今大会は「国内組のチャンス」

谷口彰悟、日本代表は「まず勝たないと」。今大会は「国内組のチャンス」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/12/05
No image

谷口彰悟【写真:Getty Images】

EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会に参加する日本代表は5日、都内で2日目の練習を行った。

J1全試合に先発フル出場し、川崎フロンターレのクラブ史上初となるリーグ制覇に大きく貢献した谷口彰悟。代表のチームメイトについて「みんなレベル高いですし、スピードとかパワーもある」と話す。そして「レベルが1つ上がったなってところでのトレーニングなので、もちろんきついところはありますけど、楽しみながらやれればと思います」と意欲を口にした。

川崎Fでは今季、ボランチで出場する機会もあった。だが、ほとんどの試合でCBとしてプレー。谷口は「やり慣れているポジションなので、そこはそんなに意識することなく。変わったりはしないですし、自分の良さを出しつつ、チームのやりかたとかにしっかり合わせていければ」と語った。

最終ラインの選手には特に、意思の疎通が重要になる。そのためには各々の考えをすり合わせ、チームとして戦う必要がある。谷口は「コミュニケーションを取らないことにはうまく守れないですし、伝えないことには始まらない」と述べる。さらに「代表となったらよりコミュニケーションを取って、よりわかってもらわないといけないし、わからせないといけない」と強調した。

海外組が不在の今大会は、国内組にとって貴重なアピールの場となる。「本当に国内組の選手たちはチャンスの大会」と谷口は話し、チームの勝利を最優先する考えも示した。

「国内組の選手たちもやれるんだって思わせる、そういう大会にしたい。一人ひとりのアピールもそうですけど、まず代表は勝たないといけない。そういうところはチームで勝って、なおかつ個人のアピールができたら最高かなと思います」

リーグを代表するディフェンダーは今大会で存在感を発揮し、生き残りを目指す。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
主将を固辞した今野を称えるハリル「UAE戦のような今野が戻ってきた」
「最初は今野にキャプテンをやらせたかった」とハリル。ベテランのプレーを評価
【EAFF E-1 2017 日本代表 vs 中国代表】【ハイライト動画】小林悠、昌子源の代表初ゴールでハリルジャパンが中国に勝利、最終節韓国戦引き分け以上で優勝
イッテQ、宮川参加お祭りの「不正疑惑」に騒然
史上5番目の年長デビュー...32歳山本、PK献上に「そこは反省点」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加