友達とグループLINEでダイエットしたら...狂い始めた友情が画面上で散った

友達とグループLINEでダイエットしたら...狂い始めた友情が画面上で散った

  • 女子SPA!
  • 更新日:2018/09/23

一人でやるとモチベーション切れを起こしがちなのがダイエット。夏になると必要にかられて始めてみても、すぐに気が抜けて挫折してしまう方も多いものでしょう。

「それならみんなでやればいいじゃん!」好きな人ができて痩せたいと思い始めた亜美さん(仮名)。彼女がおこなったダイエットは、大学時代の仲良し3人組を巻き込んでおこなうグループダイエットでした。

No image

写真はイメージです(以下同じ)

基本的には専用のグループラインを作り、毎日食べたものややったこと、愚痴などを報告しあい、お互い痩せていこうというもの。これが意外な効果を発揮し、また意外な修羅場を生んでしまったのです。

◆グループダイエットの効果はいかに!

亜美さんが声をかけたのは、同級生の理沙さん(仮名)とひろみさん(仮名)。理沙さんは運動が好きだったので、運動を中心に。ひろみさんは自炊が得意なため、ダイエットレシピの考案を中心にグループラインは盛り上がります。

「最初は正直、すごくいい感じに進んでいました。私が発起人なので、毎日食事報告や運動、体重報告もしていましたが、2人もそれにつられるカタチで頑張ったことや我慢したことを報告しあっていました」

こうして亜美さんの体重は3キロほどスルスルと落ちていったそうです。

No image

「私は3キロ、理沙は2キロ、ひろみは多分4キロくらい落ちてたんじゃないかな。こうしてみんな痩せたので、海に行きたいねってなりまして、私はそれなら好きな人(同じく同級生)も誘ってもいい?と提案し、男女6人で海に行くことになりました」

まるで青春の1ページのようなやり取りですが、この6人旅行が、友達関係にヒビを入れてしまうとは。このとき亜美さんは思ってもいなかったそうです。

◆ダイエット成功をきっかけに狂い始める友情

「ちなみに2人は、私がKくんを好きなことは知っていました。だからいまさら『手を出さないで』とも言わなかったのですが……その日の夜、お酒が入ったことにより事件はおきました」

その日の夜は民宿にとまり、6人はお酒をしこたま飲み続け、亜美さんは途中で酔いつぶれてしまったそうです。そのまま朝まで起きることはなかったそうですが、朝になるとちょっとその場の空気が変わっていたんだとか。

「その時、一瞬アレ? って私も思いました」そう話す亜美さん。パッと見たところ、ひろみとKくんが親密になっている気がしたのだとか。

「事前に好きな人を伝えていたし、ひろみは他に好きな人もいると言っていたので、まさか2人があの晩付き合い始めたなんて、その時は思いもしませんでした」

No image

ちなみにひろみさんとKくんが付き合ったことは、このとき亜美さんを除き、全員が知っていたのだとか(笑)。

ひろみさんとしては、片思いをしていた亜美さんがなるべく傷つかないようにと配慮したつもりだったのかもしれませんが……この選択が後日、女のケンカを生み出します。

「当然2人が付き合っていることは、少しして私も知りました。というか、夏の旅行以来、なんかグループラインも静かになり、妙にひろみはよそよしいしで、違和感は確信にすぐ変わりました」

こうして亜美さんはひろみさんを呼び出し、事実確認をおこないました。ひろみさんは付き合っていることを告白。亜美さんもデキてしまったことは仕方がないと、二人を応援することにしました。

「その時は落ち込みましたが、友達の恋だしと自分を納得させました。でもその晩、ひろみは狂ったようなノロケをしてきたんです」

◆痩せて恋も手に入れた親友の、壮絶なノロケに絶句!

ひろみさんから告白を聞かされた夜、亜美さんはダイエットをしていたグループラインに、驚きの投稿を確認したといいます。

<このグループのおかげで、私の恋は成就しました。途中亜美には申し訳ないことをしたと思うけど、おかげでとても忘れられない夏になりました。これからはこのグループラインは抜けて、恋を楽しみたいと思います>

No image

亜美さんはスマホを片手に、その場に立ち尽くしたそうです。

「そりゃそうですよ! つまりひろみは、ずっと私と同じ人を好きだったってことですよ。このグループダイエットがなければ、ひろみはキレイにもなってないし、旅行もなかったわけです。私は完全にピエロになり、踊らされていたってことじゃんと思い、ブチ切れてそれに返信をしました」

亜美さんはひろみさんに、自分の気持ちを知りながらなぜだまっていたのかと、溜まっていた怒りをラインで爆発させたそうです。

こうして3人の友情は夏のダイエットをきっかけに壊れてしまいましたが、何が可哀想って、恋愛バトルに参戦してないのに巻き込まれ続けた理沙さんです。ちなみに理沙さんはその後も着々とダイエットを進め、運動サークルで知り合った仲間の一人と付き合い始め、今でも続いているのだとか。

1番の成功は実は理沙さんだったのかもしれませんが、なにはともあれ亜美さんにはドンマイと思うばかりなのでした。

シリーズ ダイエット“悲喜こもごも”体験談vol.14―

<文/女子SPA!編集部 イラスト/ただりえこ>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FANZA「性に関する統計調査」公開 奈良県の特異性、熟女への注目明らかに
ホーキング博士が死の直前まで書いた“全人類必読”の最終回答とは?  神・宇宙人・DNA...人類史上最悪の過ちも警告!
Gカップの宣伝大使に聞く、「ゴムじゃないコンドーム」が人気の理由
【保存版】京都オススメの近代建築・赤レンガ造の建物!歴史を感じる重厚な風情☆【厳選6スポット】
無印良品のトートバッグがめちゃくちゃ画期的で、売り切れ続出中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加