最新ランキングをチェックしよう

ベストプレイ、屈腱炎で引退...南井師「長い間頑張ってくれた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

13年きさらぎ賞を制したタマモベストプレイ(牡8=南井)は7日の万葉S6着後に左前屈腱炎を発症したため11日、引退が決まった。古馬になってからは14年丹頂S勝ち、京都大賞典2着、17年万葉S勝ち、函館記念2着など芝の中長距離路線で活躍。今後は滋賀県甲賀市の甲賀ファームで乗馬になる。南井師は「今年も期待していただけに残念だけど、2歳秋のデビューから長い間よく頑張ってくれました」とねぎらった。通算40

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
あのマーク、座席シートにクッキリ浮かぶ
月9共演の織田裕二と鈴木保奈美、27年後の「大人の事情」が生々しい
小林麻央さん偲ぶ会 麗禾ちゃん、勸玄君は在りし日のママの姿に涙
菊川怜「オビッチって何ですか?」 天然発言連発に鶴瓶呆れる
放送中止のドラマ『幸色のワンルーム』は、そんなに危険な話なのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加