森保ジャパン、タイ相手に勝利でGS突破を決める...板倉滉が2戦連発

森保ジャパン、タイ相手に勝利でGS突破を決める...板倉滉が2戦連発

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/01/13
No image

板倉が2試合連続弾で勝利を手繰り寄せる(画像はパレスチナ戦のもの) [写真]=VCG via Getty Images

AFC U-23選手権中国2018・グループステージ第2戦が13日に行われ、U-21日本代表がU-23タイ代表と対戦した。

パレスチナ戦から4人を入れ替えてタイと対決した日本は、前半からボールを支配するも、決定機でゴールを奪えずスコアレスで後半に突入した。

後半に入ると日本は右サイドを中心に攻め立てるが、なかなかゴールを割ることができない。82分にはペナルティエリア内で前を向いた田川亨介が強烈なシュートを放つも、枠を捉えられない。その後の88分には混戦からシュートを放つが、クロスバーに嫌われてしまった。

しかし90分、ついに日本がチャンスを掴んだ。ペナルティエリア内で板倉滉が落としたボールを押し込み先制点を奪った。板倉は前節のパレスチナ戦に続く2試合連続ゴールを奪った。

試合はこのまま終了。この結果、日本が2連勝でグループステージを突破した。

【スコア】
U-21日本代表 1-0  U-23タイ代表

【得点者】
1-0 90分 板倉滉(日本)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
故郷レッズから宿敵ガンバへ...矢島慎也、不退転の決意「どこか慣れ親しんだ環境で...」
[日本高校選抜選考合宿]青森山田DF佐藤拓海(3年)「山田の代表として来ているので他の選手のためにも」
高校選抜FWはJリーガー、年代別代表の名並ぶ“最激戦区”。唯一両方に属さないFW荒木が突破と走りで存在感
森保監督 クラブでポジション奪え!U21イレブンに“宿題”
高校選抜の柱にU-19代表も注目?MF田部井涼は自身の変化実感し、質と幅を向上させる意欲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加