会いたかったよ!もう離れない!親友のロバと引き離され、食事も喉を通らなかったヤギ

会いたかったよ!もう離れない!親友のロバと引き離され、食事も喉を通らなかったヤギ

  • カラパイア
  • 更新日:2017/09/14
No image

マランダー永遠のテーマ、「異種間の友情」を証明するような動画をまた一つご紹介しようと思う。今回の主役は、ロバとヤギ。保護される過程で親友と引き離されてしまったヤギは、食べることも動くことも拒否するようになってしまったんだ。

その様子を心配したスタッフが、2頭の再会を計画した。その様子はぜひ動画をご覧いただこう。

Mr. G and Jellybean

この動画の舞台は、カリフォルニアにあるAnimal Placeという動物たちのためのシェルターだ。ある日ここに、ヤギのミスターGが保護されてきたのだけれど、どうも様子がおかしかった。

No image

ここに来てから6日間、何も食べずに隅っこにうずくまっているだけ。健康に問題はなかったものの、このままではどうにかなってしまう。

No image

実はこのミスターG、元いた場所ではロバのジェリービーンという親友といっしょに暮らしていたんだ。そこでの生活はひどいものだったらしいけれど、2頭はそんな中でも友情をはぐくんでいたんだそう。しかし、保護された時に別々の保護施設に送られて、離れ離れになることに。

親友と引き離されたことで、ミスターGはすっかり落ち込んで、気力を亡くしてしまったらしい。Animal Placeでは、これまでロバを飼育した経験はなかったそうなんだが、ミスターGに何とか元気になってほしいと、車で14時間という距離にいたジェリービーンを呼び寄せた!

No image

ジェリービーンが到着すると、ミスターGはその気配を察したのか、突然起き上がって小屋の外へ…。

No image

最初は信じられなかったみたいだけれど、やがて現実のことだと理解したミスターGは、ジェリービーンのそばを離れようとしなかった。

No image

そして再開してから20分後、ここに来てから初めてのご飯を、ジェリービーンといっしょに食べたんだよ。

No image

Animal Placeは1989年に設立された保護施設で、家畜を対象とした施設としては、アメリカでも歴史は古い方だそうだ。この後、ミスターGはすっかり元気を取り戻し、今では他のヤギたちとも仲良く過ごしているそうだよ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ある男性の葬儀に突然現れ「全く立ち去ろうとしない白い猫」が話題 / 謎に満ちた動画の再生回数は950万回に!
飼い主元気で留守がいい?お留守番中の猫にカメラをつけて、その行動をこっそり監視してみた結果
やらかした感のある鳥さん コップを倒して「あっ......」とフリーズしてはしょんぼりする表情がかわいい
【この子と寝るの♡】ぬいぐるみを、ぎゅっと抱きしめたカワウソ! → あっという間に夢の中へ...♡
「超巨大蜘蛛」を発見した男性の表情がシリアス過ぎると話題に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加