ANAグループ、国際線燃油サーチャージを4月以降も同額で継続

ANAグループ、国際線燃油サーチャージを4月以降も同額で継続

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/14
No image

全日本空輸(ANA)とエアージャパンは、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を4月以降も同額で継続する。

航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、2017年12月1日から2018年1月31日までのシンガポールケロシンの市況価格は平均78.29米ドル、1米ドル111.92円だったため、円貨換算額は8,762円となった。

日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国線は500円、中国・台湾・香港・マカオ線は2,500円、ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン線は3,000円、タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア線は4,500円、インドネシア・インド・ハワイ線は6,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は10,500円となる。なお、日本発旅程で東京/成田〜メキシコシティ線直行便を利用する場合は7,000円となる。

■燃油サーチャージ額(2018年2月〜5月/日本発旅程・片道)

北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 10,500円

ハワイ・インド・インドネシア 6,000円

タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 4,500円

ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン 3,000円

中国・香港・台湾・マカオ 2,500円

韓国 500円

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これが日本人の配慮? 赤ちゃん連れの日本人夫婦が見せた行動に「衝撃」=台湾メディア
女児レイプ殺人の容疑者ら、警察に殺到の群衆からリンチされ死亡 印
子どもの長時間ゲームに悩む日本の親が繰り出した「必殺技」が、超天才だった!=中国メディア
韓国で宅配ピザを注文した外国人記者がびっくり「なぜこんな写真が?」=韓国ネット「誤解して当然」「最低限のマナーは守って...」
韓国美人はなぜ同じ顔?整形大国のルーツを高須院長が明かす

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加