「彼がいなければ...」 決勝弾のクアドラード、好守連発のブッフォンを称賛

「彼がいなければ...」 決勝弾のクアドラード、好守連発のブッフォンを称賛

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/10/20
No image

クアドラード(左)が好守連発のブッフォン(右)を称えた [写真]=NurPhoto via Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節が18日に行われ、リヨン(フランス)とユヴェントス(イタリア)が対戦。コロンビア代表MFフアン・クアドラードが76分に決勝ゴールを挙げ、ユヴェントスが1-0で勝利を収めた。

試合後、決勝ゴールを挙げたクアドラードが心境を語った。同選手はイタリアメディア『Sky』のインタビューに応じている。

クアドラードはまず、PKストップなど好守を連発したイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを称賛。「ジジ(ブッフォンの愛称)がいなければ、別の試合になっていただろうね。でも、自分たちはユーヴェなんだ。とても素晴らしい家族だ。自分たち一人ひとりが、チームメイトのために戦っているよ」と話した。

そして自らのゴールについては「顔を上げて、ボールを豪快にたたき込んだよ。運良く、ゴールネットを揺らすことができたね」と振り返っている。

敵地で白星を挙げ、2勝1分けの勝ち点「7」としたユヴェントス。次戦は22日、日本代表FW本田圭佑のミランとセリエA第9節で対戦する。そしてCLの次節は11月2日、リヨンをホームに迎える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<サッカー>中国クラブからの“破格の条件”を拒否した槙野智章に、中国のサッカーファンの反応は...
南野、決定機に右足シュートも内田に阻まれる
アーセナル、好調ストークは厄介な相手?第15節 アーセナル vs. ストーク
618日ぶり復帰の内田篤人、まずは安堵「とても長かった」
右膝手術乗り越え...内田篤人が618日ぶり復帰、南野のシュートをブロックも

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加