今も日本は捜査できず 米軍調査続く ヘリ炎上事故

今も日本は捜査できず 米軍調査続く ヘリ炎上事故

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

動画を見る(元記事へ)

沖縄県でアメリカ軍のヘリコプターが大破・炎上した事故で、現場ではアメリカ軍による機体周辺の調査が続いています。

沖縄県東村高江の現場ではアメリカ軍関係者による機体や周辺の調査が続き、何らかの装置を取り出す様子も確認されました。しかし、アメリカ側の許可がなければ「財産」とされる機体の操作や差し押さえはできないという日米地位協定により、日本側の捜査関係者は周辺の警備をするという状態が続いています。また、13日午前9時前には防衛省が派遣した自衛官が現場に入りましたが、現場から約100メートルほど離れた地点でアメリカ軍から説明を受けていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
裸足でうつぶせ状態... 静岡県の山中に女性遺体
教え子に“わいせつ行為” 学習塾講師の男を逮捕
「足でハンドル」「ラーメン食べながら」 東名事故容疑者、元交際相手の証言に衝撃
飲酒暴走「ルールまるで無視」 運転の男に懲役17年
豊田真由子氏「ハゲー」と連呼されながら演説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加