総資産10億ドル以上の「超お金持ち」に人気の秋冬イベントは?ヨットからアートまで

総資産10億ドル以上の「超お金持ち」に人気の秋冬イベントは?ヨットからアートまで

  • ZUU online
  • 更新日:2017/10/12

総資産10億ドル以上のお金持ちが秋冬に集うイベントはどんなものだろうか?資産調査会社ウエルスXによれば、ヨットショーやアートフェアなど庶民の生活とはかけ離れた華やかなイベントが、モナコやフロリダ、ドバイなどお金持ちを魅了する国際都市で開催される。

これらのイベントに出展される商品の価格帯を考慮すると「お金持ち」が重要な顧客層であることは疑う余地がないが、一般人でもチケットを購入すれば「雰囲気を味わう」ことができる。

調査では総資産10億ドル以上のお金持ちをHNWI(High Net Worth Individual)と定義している。

■「ドバイ・インターナショナル・ボートショー」参加者の3割がHNWI

スイスの高級時計メーカー、ユリスナルダンをスポンサーに毎年モナコで開催される「モナコ・ヨットショー(MYS)」では、世界各地からヨット産業のリーダー約600人をゲストに迎え、125隻の豪華ヨットが展示される。新作高級ヨット発表の場としても毎年注目を集めている。残念ながら今年のショーはすでに終了しているが、2018年も9月26~29日にかけて開催予定だ。

フロリダで11月1~5日に開催される「フォート・ラウダーデール・インターナショナル・ボートショー」も、海に魅了されたお金持ちには欠かせないイベントである。総資産35億ドルといわれる米国の大手コンサルティング企業OTOデベロップメント設立者兼ハイズンガ・ホールディングス会長ウェイン・ハイズンガ氏が参加したことでも有名である。

ボートならば「ドバイ・インターナショナル・ボートショー」もHNWIの間で人気が高い。過去のイベントでは世界中から約3万人を集客。そのうち5000人がHNWIで、29%が1500万ドル以上のボートを所有していたという。

次回のイベントは、ドバイ・ワールド・トレード・センターやエミレーツ航空をパートナーに迎え、2018年2月27日~3月3日に開催予定だ。

■29ドルから世界有数のアートフェアやボートショーが楽しめる

アートに多大なる関心を抱いている、あるいは長期的な投資対象と見なすお金持ちは多い。

世界中から160軒以上のアートギャラリーが出店する英国最大の現代アートフェア「フリーズ・ロンドン・アートフェア」には、ロンドンを拠点とする国際大手宝石商グラフ・ダイヤモンズの設立者、アン・マリエ・グラフ氏(総資産10億ドル以上)が過去に参加。

出展作品数は1000点を超え、BMWやフィナンシャル・タイムズ紙などがパートナーを務める。今年の開催日は10月7~9日まで。
マイアミをアートで盛り上げる「アート・バゼル・マイアミビーチ」は、スイスで毎年開催される世界最大規模のアートフェア「アート・バーゼル」のマイアミ版だ。

ほかにも「パリ・コレクション」「ドバイ・ワールドカップ」「サン・ヴァレリー・フィルム・フェスティバル」といった娯楽要素が強いものから、世界経済フォーラムが主催する「ダボス会議」まで、2018年3月にかけてHNWIが待ち焦がれる様々なイベントが予定されている。

気になるチケット代はイベントやサービスによって差はあるものの、例えば「フォート・ラウダーデール・インターナショナル・ボートショー」なら29~46.50ドル、「アート・バゼル・マイアミビーチ」なら36~120ドルと驚くほどお手頃だ。オンラインで気軽に購入できる。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

ZUU online

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【数秘術】生まれた日でわかる彼とのエッチの相性
子育てするのに「天国な街・地獄な街」ランキング ――ママ友関係が酷いのは? NPOがあると要注意?
戦ってはダメ! あなたの周りの“アホ”から逃げる方法
これは凄い「革命的」過ぎるソファが話題に!一人暮らしに欲しい
「ガソリン代を出さない友人」に不満 「儲けようとするのはセコい」と賛否両論の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加