楽しいはずのハロウィンパーティーが! 後悔いっぱいの「やっちゃった!」失敗集

楽しいはずのハロウィンパーティーが! 後悔いっぱいの「やっちゃった!」失敗集

  • ウーマンエキサイト
  • 更新日:2017/10/12
No image

©Andrey Kiselev- stock.adobe.com

ハロウィンが近づくと、毎年各地でさまざまなイベントが開催していますね。仮装パレードに参加したり、ママ友とハロウィンパーティーをしたり…と、いろいろ企画して楽しみにしているママも多いでしょう。

親子で楽しめるハロウィンですが、その反面、仲間うちのパーティーで「うっかりやっちゃった!」という失敗談も多いようです。先輩ママの失敗を教訓に、“同じ鐵を踏まない”ように気をつけたいですね。

■楽しいパーティー企画だったはずなのに…ママ間で争い勃発の原因に!?

「保育園で同じクラスのママ&子ども達でハロウィンパーティーをしようと、公民館の一室を借りてイベントを企画。でも、その日は地元商店街で子ども向けのハロウィンイベントが開催される日だったんです。商店街のイベントを楽しみにしていた子もいて、どちらに参加するかでママ達の意見が真っ二つに。知っていたら別の日に企画したのに……余計なもめ事のタネを作ってしまいました」(30代・5歳男の子ママ)

ハロウィンの時期は、各地で大小いろいろなイベントが開催されます。大勢でのハロウィンパーティーを企画するなら、地域のイベントと日程がかぶらないかどうか、あらかじめチェックしておいた方がよさそうですね。

No image

■張り切りすぎた露出度高めの仮装に、ママ友がドン引き!

© JenkoAtaman- stock.adobe.com

「親子で仮装してハロウィンパーティーに参加。子どもはもちろん私も、衣装もメイクもバッチリ決めてでかけました。でもママ友の反応は何だか微妙…。よく見ると、子どもは仮装していても、ほとんどのママが普段着でした。仮装を張り切りすぎて、さらにミニスカートで露出度高めな衣装にドン引きされてしまったようです」(30代・4歳女の子ママ)

ハロウィンパーティーにもTPOがあります。本格的な仮装を楽しむイベントもある一方、親子向けのパーティーなどは、「仮装するのは子どもだけ」というケースも多いようです。パーティーに参加するときにはそのあたりをきちんと見極めないと、周りから浮いてしまうことに。

とくに親子で仮装する場合は、あまり露出度が高い衣装を選ぶと、周りのママから白い目で見られてしまうこともあるようなので注意!

■親子でガッカリ! 油断していたら仮装グッズが売り切れ…

「『仮装をしてハロウィンパーティーに行くんだ!』と張り切っていた娘。子ども向けの仮装グッズは100円ショップでもたくさん売られているので、「直前に買えばいいや」と高をくくっていました。でもパーティー前日に買い物に行くと、ほしかったグッズは全て売り切れ。結局、普段着でパーティーに参加する羽目になり、かわいい仮装を楽しみにしていた子どもをガッカリさせてしまいました」(40代・6歳女の子ママ)

最近では、安くてかわいい仮装グッズもたくさん販売されていますよね。でも、年々高くなっているハロウィン熱のせいか、やはり人気のものから品薄になる傾向が。とくに子ども向けの衣装はサイズがそろっているとは限らないので、早めに用意しておいた方がいいかもしれません。

せっかくのハロウィンパーティーが残念な思い出になってしまってはガッカリですよね。先輩ママ達の失敗エピソードを参考に、親子で楽しいハロウィンを過ごしてくださいね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
田中裕二の子煩悩っぷりがスゴい!
【アンパンマンは君さ】この歌詞の深さよ! 『アンパンマンたいそう』を深読みしたらマジで泣けた / 時を越えた “作者からのメッセージ” のよう
【お値段以上すぎ】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ
「ニッポン、マジで大丈夫かって」衆院選を前にした若者たちの政治意識
【数秘術】生まれた日でわかる彼とのエッチの相性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加