DeNA今永“納豆パワー”で粘投9勝「去年超えていける」

DeNA今永“納豆パワー”で粘投9勝「去年超えていける」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇セ・リーグ DeNA6―1ヤクルト(2017年8月10日 神宮)

No image

4回2死一、三塁、ヤクルト・藤井を二飛に打ち取ったDeNA先発・今永はガッツポーズ

特別な笑顔はない。自己最多9勝目も、DeNA・今永にとっては通過点。喜びよりも、厳しさを増す終盤戦への覚悟がにじんだ。

「昨年を超えたのは少しホッとしたという思いはあるけど、そこが目標じゃないので。僕自身もチームも去年を超えていけると思うので頑張ります」

粘っこく自身とチームに白星を呼んだ。2回に1点を失ったが、毎回の9三振を奪うなど7回4安打1失点。この奮投が報われた。8回1死二、三塁で、倉本の一ゴロが失策を呼び勝ち越した。

昨年は8勝9敗。前半戦5勝5敗も、後半戦は3勝4敗だった。夏場対策として、就寝前に納豆ご飯を食べて体重維持に努める。「おいしくなるから」と左手で100回混ぜる。5回から4連続含む5奪三振と調子を上げたのも粘りの表れだ。

11日からは2ゲーム差に迫った2位阪神3連戦。「優勝がないわけじゃない。1人でも多くその気持ちを持つ人が増えればいいと筒香さんも言っていた」。今永の目は本気だ。 (春川 英樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・藤浪、五回途中3失点で降板...2死球に両軍ベンチ飛び出し場内騒然
DeNA・ラミレス監督、ミラクルなサヨナラ劇に「今年の中でベストの試合」
【ハチナイ】スカウト「大輪咲く 夏祭りスカウト」の詳細と「八夏祭」~晩夏篇~を確認しよう
前橋育英、皆川が快投で3回戦へ 明徳・馬淵監督は甲子園通算50勝ならず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加