羽生結弦が堂々1位 18年最もTV報道量が多かったアスリート、大谷翔平抑え...

羽生結弦が堂々1位 18年最もTV報道量が多かったアスリート、大谷翔平抑え...

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/04/24
No image

羽生結弦

メディアの調査・分析を行うニホンモニターが24日、2018年のアスリート報道量ランキングを公開。平成最後のランキングトップは男子フィギュアの羽生結弦で、186時間26分。2位の大リーグ・エンゼルスの大谷翔平の177時間19分を9時間近く上回った。

調査は18年1月1日から12月31日までのNHK総合、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビの東京地区地上波オンエア分が対象。相撲協会の騒動はランキング対象外としている。

昨年は平昌五輪があったことから、ベスト10までに4人のメダリストがランクイン。堂々の1位が羽生だった。

羽生は17年は50時間56分で3位だったがジャンプアップ。平昌五輪での報道はもちろん、7月には国民栄誉賞も受賞。常に注目を浴びた18年を代表するアスリートとなった。

平昌五輪では宇野昌磨が4位(94時間54分)、スピードスケートの小平奈緒が5位(87時間54分)、高木美帆が6位(85時間08分)。多くの時間を割き、メダリストたちの活躍を伝えた。

サッカーW杯も行われたことから、本田圭佑、大迫勇也、香川真司もランクイン。本田は7位(84時間27分)、大迫は9位(71時間39分)、香川は10位(65時間53分)だった。

女子テニスで初のグランドスラム制覇を果たした大坂なおみは3位に。17年は圏外だったが、18年は118時間14分と報道量は激増した。

なお8位は相撲の白鵬で75時間52分。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横浜三好2発、東京五輪へ「結果残し続ける準備を」
日テレ・ベレーザ首位守る、長谷川「内容こだわる」
サバサバ系? ザ・女子? 長谷川唯×清水梨紗、なでしこ“22歳盟友コンビ”の関係性
なでしこ植木が右膝痛め途中交代、W杯に黄色信号
酒井宏樹、左足炸裂で衝撃の超ゴール!昌子相手に大暴れ(動画あり)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加