千葉MFアランダが契約満了「日本でプレーしたことに後悔はない」

千葉MFアランダが契約満了「日本でプレーしたことに後悔はない」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/12/07
No image

ジェフユナイテッド千葉は7日、MFアランダ(32)が2017年シーズンをもって契約満了となることを発表した。

パラグアイ人のアランダは2016年に母国のオリンピアから千葉に完全移籍で加入。主にボランチとしてプレーし、初年度はJ2リーグ戦27試合、天皇杯2試合に出場した。今季はJ2リーグ戦16試合で2得点を記録し、天皇杯では1試合に出場している。

退団にあたり、クラブ公式サイトで今季の悔しさを語りつつ、「日本でプレーするチャンスを、与えてくれたクラブに感謝していますし、自分でもその選択をしたことに、後悔はありません」とコメント。2シーズン所属した千葉に対し、「これからも常に、私の”心のクラブ”であり、J1復帰、という目標を成し遂げられるよう、見守り、共に闘い、応援し続けます」とエールを送った。

以下、クラブ発表プロフィール

●MFアランダ

(Lorenzo Eduardo Aranda)

■生年月日

1985年1月28日(32歳)

■身長/体重

175cm/77kg

■国籍

パラグアイ

■経歴

リバープール(ウルグアイ)-ナショナル(ウルグアイ)-デフェンソール・スポルティング(ウルグアイ)-オリンピア-バスコ・ダ・ガマ(ブラジル)-オリンピア-千葉

■出場歴

J2リーグ:43試合2得点

天皇杯:3試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●2018年Jリーグ移籍情報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最終節に帰ってきたエース...V逸の責任背負う清水ユースFW平墳迅「勝ちロコがしたい」
浦和あっけなく幕...レアル戦を前に終戦 柏木「情けない」
名古屋、山口素弘氏がアカデミーダイレクターに就任
アジア王者浦和、UAEで開催国以上の人気 大会スタッフが証言「浦和と鹿島は有名」
「情けない」浦和、初戦負け...開催国枠クラブを攻めきれず/クラブW杯

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加