ナイナイ岡村隆史&矢部浩之「コンビ仲悪化」の真相

ナイナイ岡村隆史&矢部浩之「コンビ仲悪化」の真相

  • 日刊大衆
  • 更新日:2018/06/30
No image

サンドウィッチマンおぎやはぎ博多華丸・大吉オードリー……テレビで見ない日がない“人気芸人”たちだが、彼らに共通するのは「コンビ仲」がバツグンに良いこと。

「現在のテレビ界において、芸人に求められるのは、とがった笑いより“好感度”。コンビ仲が良いと“優しい”“性格がいい”といったポジティブなイメージが抱かれやすく、好感度が高くなる。主婦やママ世代、ファミリー向けの番組に、コンビで起用されやすくなるんです」(芸能ジャーナリストの渡邊孝浩氏)

だが、本心は偽れない。相方を嫌う芸人が多数、存在しているというのだ。芸能界「犬猿の仲コンビ」を実名暴露する!

まずは意外なところで、ナインティナイン。「2010年に岡村隆史が心身のバランスを崩し、仕事を5か月休んだ際、矢部浩之は一人でレギュラー番組を守り、岡村の戻ってくる場所を守りました。これで2人の絆は深まったはず……ですが、最近は番組内でしか会話がないようです。14年に、矢部が20年間以上も続けてきたラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』を辞めたいと言い、一人、番組を降板。以降、『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』として岡村一人での放送が続いていますが、これが、2人の関係を決定的に悪化させたというんです」(芸能記者)

矢部が『オールナイトニッポン』を辞めた理由は、今もハッキリしないが、「13年に、元TBSアナの青木裕子と結婚し、14年に長男が生まれたのが大きな理由でしょう。子どもを溺愛する矢部は、子どもに合わせた生活サイクルを重視し、開始から20年目を節目に、深夜の生放送を卒業することにしたようです。今も独身の岡村にしたら、“勝手すぎるやろ!”が本音でしょう。そもそも、10年に岡村が体調を崩したのは、矢部の“岡村依存な仕事ぶり”から来るプレッシャーが原因とも言われています。岡村の怒りも理解はできます」(前同)

現在は、番組以外では会話もなければ、目を合わすこともほとんどなく、解散説も噂され始めているという。

ナインティナインの2人以外にも「犬猿の仲」お笑いコンビはまだまだ存在する。現在発売中の『週刊大衆』7月9日号では、実名でその詳細を暴露している。

あわせて読む:山崎夕貴から加藤綾子まで「人気女子アナ」テレビマンが語る“裏の素顔”

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「一緒に仕事したくない」?加藤綾子が明石家さんまに我慢できず番組降板へ
「タバコのほうがショック...」 土屋太鳳・北村匠海、Wデート報道も“別の問題”が浮き彫りに?
「木村拓哉に見えない......」公開写真にファン動揺! 「げっそり」「違和感」と不安の声
浜崎あゆみ「ピンクのミニスカート」姿の写真にネットがまた騒ぐ
草刈正雄の長女・紅蘭に妊娠報道 祝福の声の中「結婚してませんよね?」の反応も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加