正式発表を控えたポルシェの新型「718 ケイマン GT4」が、雪の中でテスト走行中!

正式発表を控えたポルシェの新型「718 ケイマン GT4」が、雪の中でテスト走行中!

  • autoblog
  • 更新日:2018/02/16
No image

ポルシェから現行型「718 ケイマン」の最高性能モデルとして「718 ケイマン GT4」が登場するという噂を聞いてからしばらく経つ。どうやらその正式発表も近いようだ。雪の中でテスト走行を行うプロトタイプの姿が目撃されたのだ。

カモフラージュされることなく、全てを晒しているそのエクステリアを、まずは見ていただきたい。固定式リア・ウイングを装着し、フロントにアグレッシブなスプリッター、リアに巨大なディフューザーが付くのは先代の「ケイマン GT4」と同様だ。しかし、フロント・バンパー下側の形状は、2015年に発表された先代GT4と異なっているのが分かる。サイド・エアインテーク周辺のボディ同色パネルが外されているのは、テスト中だからなのか、それともさらに強力になったエンジンのために開口部を拡げる必要があったのかは、現時点では分からない。

多数の軽量パーツが使用され、パワーも向上していると思われるが、その心臓部については明らかになっていない。新型GT4には、718のターボチャージャー付き水平対抗4気筒エンジンに替えて、「911 GT3」の水平対抗6気筒自然吸気エンジンが搭載されるという噂もあるが、これは期待による憶測に過ぎない。ほぼ確かなのは、このGT4が継続してマニュアル・トランスミッションを採用するということだけだ。

3週間後にはジュネーブ・モーターショーが開幕する。そこで全てが明らかになるかもしれない。

By REESE COUNTS

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
100年乗っても大丈夫!? 爆撃機B-52はなぜこれほど長寿命なのか
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
20年前、片道4000円で超ガラガラだった東京湾アクアラインは800円になってこうなった
京急電鉄「創立120周年記念乗車券」 発祥の地・川崎大師駅で発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加