関西国際空港、旅客サービス施設使用料と旅客保安サービス料を改定 消費税率の引き上げで

関西国際空港、旅客サービス施設使用料と旅客保安サービス料を改定 消費税率の引き上げで

  • Traicy
  • 更新日:2019/08/09
No image

関西エアポートは、10月1日以降の発券・利用分より、関西国際空港利用者から徴収する旅客サービス施設使用料と旅客保安サービス料を、消費税率の引き上げに伴い、改定する。

No image

国際線では、出発する利用者から徴収する旅客サービス施設使用料を、第1ターミナルでは大人2,730円から2,780円・小人は1,370円から1,390円に、第2ターミナルでは大人・小人1,230円から1,250円にそれぞれ引き上げる。

国内線では出発・到着のいずれも、第1ターミナルでは大人430円から440円、第2ターミナルでは大人・小人出発時は410円から420円・到着時は360円から370円にそれぞれ引き上げる。

また、ターミナルに関わらず国際線出発利用者から徴収している旅客保安サービス料も、310円から320円に引き上げる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジェットスターグループ、国際線でセール 片道4,490円から
経産省の脅迫か。各紙の伝え方が炙り出す「消費増税とコンビニ」
色彩と明暗がリアルに再現される有機ELテレビ! 8月12日から18日でもっとも売れた製品TOP10
【報ステ】森ビル 330mの超高層ビルを計画
機内、座席も新たに!JAL「国内線仕様」ボーイング787-8型機、10月デビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加