クラウドファンディングで20億円以上を集めたトラベルジャケット『BAUBAX』

クラウドファンディングで20億円以上を集めたトラベルジャケット『BAUBAX』

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/11

米国の二大クラウドファンディングのKickstarterとIndiegogoで2200万ドル以上の資金を得たことで話題のトラベルジャケット『BAUBAX』が、いよいよ日本に上陸する。2017年11月上旬まで、日本のクラウドファンディングのMakuakeにてキャンペーンを展開中で、既に目標額の10倍以上を集めている。大ブレーク中のこのトラベルジャケットの魅力は、どんなところにあるのだろうか?

No image

『BAUBAX』誕生のきっかけは、BAUBAX社創業者夫妻の、旅行着やトラベルグッズへの不満から。3か月のうちに9種類のネックピローを買ったがどれも満足できなかったといった体験が、旅行時の様々な不便を解消できる製品を開発しようという原動力になったという。夫妻は徹底的に改善点を煮詰めた結果、15種の多機能・多収納のトラベルジャケットが生まれた。

『BAUBAX』には、大事なパスポートやスマホをはじめ、タブレット、サングラス、ドリンク缶の入る個別のポケット、財布など貴重品を入れる隠しポケットにイヤホンホルダーなど、収納スペースがとにかく豊富。旅行時にしばしば取り出すものは全てジャケットに収まるので、空港の手荷物チェック時に、ズボンやかばんを探って電子機器や財布など取り出す面倒はない―『BAUBAX』を脱いでベルトコンベアに載せ、X線検査装置を通過したらまた着るだけのストレスフリー。

ポケット以外に、メガネ拭き、ボールペン、スタイラスペン、アイマスク、ネックピロー、(袖口と一体化した)隠し手袋もビルトインされており、利便性が増している。

No image

15種の多機能・多収納性がウリの『BAUBAX』

No image

伸縮するボールペン兼スタイラスペンは、ジッパー部分にさりげなくビルトイン

No image

開口部に呼気を入れて2秒でふくらむネックピローはフードに収納

No image

フードと一体型のアイマスク

長い時間飛行機や電車に乗る旅行では、ビルトインされたアイマスクとネックピローは特に有用だろう。今まで、いちいち手荷物から取り出していた面倒は、いったい何だったのだろうと思うほど(ネックピローは取り外し型なので、日帰りの用事では家に置いて自重を減らせる)。

『BAUBAX』は、スウェットシャツ、ウィンドブレーカー、ボンバー、ブレザージャケットの4つのバリエーションがあり、サイズはメンズ・レディースに応じXS~XXLが、カラーもそれぞれ2~3種類のラインナップがある。

No image

夏場のビジネスシーンでも使えるブレザージャケット

このうち筆者が実際に試着したのが、ウィンドブレーカー。予想以上に軽いが、あちこちのポケットにモノを入れても着くずれせず、防寒性も高い。気温が15度を下回る、ここ晩秋の北海道でも重宝できる一品だ。

価格は、スウェットシャツとウィンドブレーカーが税込み3万3000円、ボンバーとブレザージャケットは税込み3万8000円となっている。最高品質の生地を採用しているせいもあり、やや割高感はあるかもしれない。ただ、旅行時の使用に特化したものでもないので、街着でも通勤で使っても違和感はなく着こなせ、コスパ的には妥当と思う。Makuakeでは、早割で18~20%オフで入手できるので、「欲しい」と思ったら早めにポチっておこう。

協力/ヴェルサイユトレーディング株式会社(『BAUBAX』日本販売代理店)

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
平日の朝、起きてから出かけるまでに要する時間は?
ニトリのティッシュケースが画期的!「例の悩み」が解決されるぞ
医者もやってるインフル対策が水を飲むだけで「簡単すぎ」と話題
「0点」だった小学生の国語の回答が、むしろ天才的だった件!
こんなにおいしそうに見えるのに...残念ながら食べられない物いろいろ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加