カルビーの新作で「利き」ならぬ「聞き」ポテトチップスやってみた

  • [PR]カルビー
  • 更新日:2019/10/07

ポテトチップスでおなじみのカルビーから「ザ・ポテト」と「クランチポテト」の新作2種類が発売されました。この2種類、「厚さ」と「堅さ」にこだわったポテトチップスらしいのです。なぜ「厚さ」と「堅さ」にこだわった商品を発売したのでしょうか。

これまで様々な商品を世に出してきたカルビーが、お客さまからの「いろいろな食感を楽しみたい!」というニーズに応えて開発した商品なんだそうです。

ちなみに、今年で創立70周年を迎えたカルビーでは70にちなんで「70個のワクワクを届けるプロジェクト」を実施中です。

じゃがいものおいしさを引き立てる”厚さ”の「ザ・ポテト」

No image

「ザ・ポテト」は、通常のポテトチップスの約1.3倍の厚さがあり、この厚さがじゃがいものおいしさを引き立てています。味は「じゃがいものおいしさ引き立つ絶品スパイスソルト味」と「じゃがいもをあじわう日高昆布香るオホーツクの塩味」の2種類。

発売日はエリアによって異なるようです。

●10月14日発売
北海道、東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)、関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)、中部(新潟県、長野県、山梨県、静岡県)

●11月4日発売
中部(富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県)近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)中国(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)四国(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)九州(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

カルビー”最堅”のポテトチップス「クランチポテト」

No image

そして「クランチポテト」はかなり堅いポテトチップス。しかも味付けが濃厚なので、食べ応え抜群のポテトチップスになっています。味は「ソルト味」と「サワークリームオニオン味」の2種類。

「クランチポテト」は全国のコンビニエンスストア”以外”の店舗で販売されます。

開発担当曰く「音」に注目してほしいらしい

両方ともこれまでにない食感でとてもおいしいのですが、カルビーの開発担当が言うには「音」に注目して欲しいとのこと。音ってどゆこと?

No image

というわけで編集部内で音に注目して食べてみたところ、「ザ・ポテト」は「パキッ!」という今までにない音がし、「クランチポテト」は「バリバリ!」というポテトチップスとは思えない音が。

たしかに特徴的な音がするけれど、注目するほどの違いってある? というわけで……

「聞きポテトチップス選手権」やってみました

「音」でポテトチップスを判別することができるのか「聞きポテトチップス選手権」をやってみました。

No image

ルールは、筆者が食べたポテトチップスの音を、目隠しをした2人のライターに聞いてもらい、どれが「ザ・ポテト」なのか、どれが「クランチポテト」なのかを当てるというシンプルなもの。先ほどの音を思い出しながらチャレンジです!

まずは「ザ・ポテト」で検証

No image

用意したのは「ザ・ポテト」に似たタイプの「ポテトチップス(うすしお)」と「ポテトチップスクリスプ」。これに「ザ・ポテト」を加えた3種類の噛み音で検証スタートです。

●A「ポテトチップス(うすしお)」の噛み音

No image

1つ目なのでなんともいえない反応。

●B「ザ・ポテト」の噛み音(これが正解)

No image

何かに気づいた様子の2人。

●C「ポテトチップスクリスプ」の噛み音

No image

「なにかが違うんだよね〜」と微妙な変化に気づくライター。

3種類の音を聞きライター2人が出した答えは「B」。

No image

見事に正解!

ライターA「ザ・ポテト特有のパキッっていう高音でわかったかな」

ライターB「そうだね。やっぱりパキッっていう音でわかったね。音を聞いてさっき食べたばかりの食感を思い出して”これだ!”って思った」

続けて「クランチポテト」で検証

No image

用意したのは、ポテトチップスではないのですが、音が特徴的な「じゃがりこ」と「堅あげポテト」。これに「クランチポテト」を加えた3種類の噛み音で検証です。

●A「じゃがりこ」の噛み音

No image

「これポテトチップスじゃないな」とほくそ笑むライターB。

●B「堅あげポテト」の噛み音

No image

これっぽいけど、ちょっと違う?

●C「クランチポテト」の噛み音(これが正解)

No image

「はいはいはい、これはわかる!」

自信たっぷりの2人が出した答えは「C」。

No image

おー! またまた正解!

ライターA「これはすぐにわかった。やっぱりバリバリッていう重めの堅い音は特徴的だよね」

ライターB「ほかと全然違うね。じゃがりこってガリガリって感じでバリバリッではないんだよね。その違いでわかったかな」

検証の結果、本当に音で判別できた!

音で判別するのは難しいかなと思っていましたが「ザ・ポテト」「クランチポテト」ともにその特徴的な音から見事に判別することができました。

バリバリっていう音、気持ちいい!

音の違いのほかに気づいたことが。それがバリバリという音を聞いていると、なんだから気持ちいい! ということ。

食べている筆者もそうですが、ひたすら音を聞いていたライター2人からも「バリバリという音を聞いているとなんだかすっきりする」という意見が。音って人の心に何か影響するんでしょうか?

No image

そんなことある? と思った方、ぜひ「ザ・ポテト」「クランチポテト」で確かめてみてください。きっと心がスッキリするはず。

ワクワクがいっぱいの70周年企画

No image

「ザ・ポテト」「クランチポテト」のほかにも「もっとワクワク70プロジェクト」でいろんな企画が進行中です。

Jagabeeと永谷園がコラボ

サクッ!ホクッ!とした食感で人気のJagabeeが永谷園の「おとなのふりかけ」とコラボ。

No image

永谷園監修の元「おとなのふりかけ わさび味」を再現ということで、ツーンと風味豊かなわさびと海苔のおいしさを味わえるまったく新しいJagabeeになっているようです。これはぜひ食べたい!

4月から始まった「もっとワクワク70プロジェクト」。毎月新しいワクワクが発表されるようなので特設サイトでぜひチェックしてみてください。