ロボット(4ページ目)

ロボットの新着記事RSS2019/07/19更新 最新情報をチェック!

もっと光を! 陽の当たる場所を求めて移動する6脚ロボット・プランター
Image: Vincross Forum 水が必要になると不機嫌になって地団駄踏みます。カワイイ! タチコマのコスプレもしちゃう、...
スーパーロボットACT『HARDCORE MECHA』プレイレポ―めくるめくロボットアニメ体験を堪能【特殊機体コード公開】
スーパーロボットACT『HARDCORE MECHA』プレイレポ―めくるめくロボットアニメ体験を堪能【特殊機体コード公開】もっと画像を...
太陽電池でさらに進化!ハーバード大学によるミツバチロボット「RoboBee」が単独飛行に成功
ハーバード大学が超軽量のミツバチ型ロボット「RoboBee」を発表したのは2016年のこと。あれから3年。さらに進化した形で私たちの前...
日本ベンチャー大賞を受賞した「全自動お片付けロボットシステム」のPreferred Networks西川社長に聞く未来の家事の在り方
AIベンチャーのPreferred Networksが、このほど日本ベンチャー大賞(内閣総理大臣賞)を受賞した。「全自動お片付けロボッ...
コミュニケーションロボット「BOCCO」を用いた介護福祉施設向け新サービスの実証実験
社会福祉法人東北福祉会と日本ユニシス、ユカイ工学は6月28日、コミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」を活用した介護福祉施設...
日本ユニシス、会話ロボットを活用した介護施設向け新サービスの実証
東北福祉会、日本ユニシス、ユカイ工学、東北電力の4者は6月28日、コミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」を活用した介護福祉...
今年も「エボルタチャレンジ」、ロボットがトライアスロンに挑戦
パナソニックは6月28日、アルカリ乾電池「エボルタNEO」の長持ち性能とパワーを実証するイベント「エボルタチャレンジ」を今年も実施する...
「福島ロボットテストフィールド」ドローン運航管理システムAPI公開
NEDO、NEC、NTTデータ、日立製作所、ゼンリン、日本気象協会は6月28日、福島県と南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コー...
米マクドナルド、調理とドライブスルーのロボット化をシカゴ郊外で試験的に導入。作業の加速化を狙う
コンビニの自動化やロボットによる接客など、「機械が接客業をする」という未来図が近年急速に現実味を帯びてきた。 そんな中、マクドナルドが...
「今後10年でロボットが2000万人の仕事を奪い、格差は拡大する」海外の反応
20世紀の時代から、製造業の仕事がロボットに取って替わられてきましたが、テクノロジーやAIの進歩により、この傾向に拍車がかかるようです...
味覚を検知する実験用ロボットアーム
人間には味覚があり、それがかなり特別な能力だということとを知っているだろうか?それも特別ではなくなった。カリフォルニア大学デービス校と...
燃えるスーパーロボットACT『HARDCORE MECHA』PS4/Steamにて配信開始!
燃えるスーパーロボットACT『HARDCORE MECHA』PS4/Steamにて配信開始!もっと画像を見るアークシステムワークスは、...
楽しすぎてどうしよう! DJI RoboMaster S1は「子どもの好き」が全部つまった次世代のプログラミングロボット
Photo: ギズモード・ジャパン ズルいくらいに完璧。楽しすぎ。「2020年からプログラミングが必修化」もう耳タコです。でも、詳し...
一つ目ロボットを操り突き進め!横スクロールアクション「単眼エネミー」:発掘!スマホゲーム
【連載:発掘!スマホゲーム】 星の数ほどあるスマホゲームの中から、話題になっているもの、気になったもの、何か面白そう、そんなタイトルを...
これからのロボットは「液体」! プログラムで動く液体金属のヒミツ
液体金属を意のままに操る。映画やアニメではおなじみのこの能力が、現実のものとなる日も近いかもしれない──。 イギリスのサセックス大学...
様々なスマート家電製品に対応済みのGoogleアシスタントですが、新たにモップ掃除ロボもサポートされたことが報じられています。これによ...
無人配送ロボットの実用化に向けて官民が検討
自律走行ロボット(参考画像)もっと画像を見る経済産業省は6月24日、自動走行ロボットの社会実装に向けた検討を進めるための官民協議会を設...
ロボットの力加減を容易にする力触覚IC開発のモーションリブが総額1.8億円を調達
力触覚技術を搭載したICチップ「AbcCore」の開発元であるモーションリブは6月24日、慶應イノベーション・イニシアティブおよびDB...
MITはロボットに人間的な感覚を持たせるシステムを開発
MITのCSAIL(コンピュータ科学・人工知能研究所)の研究者は、人間にとっては当たり前だと思われていること、視覚と触覚など、複数の感...
ロボットが友人に!?サッカーの監督がロボットになる日が訪れるかも!?
AI(人工知能)は、私達の生活の質の向上を目的としたサポート役として、さまざまな分野で活躍しています。最近注目が集まっているのは、ウェ...