ドローン

「ドローン」に関するニュース記事一覧です。「ドローン」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

ドローンの新着記事RSS2018/12/19更新 最新情報をチェック!

SFドローンSTG『D.R.O.N.E. The Game』Steam早期アクセス開始!未来のドローンバトルを体感せよ
SFドローンSTG『D.R.O.N.E. The Game』Steam早期アクセス開始!未来のドローンバトルを体感せよもっと画像を見る...
鳥のごとく。トランスフォームして狭い所を通過できるドローン
Image: ailabRPG/YouTube 災害現場で役立つトランスフォーマーです。鳥が、翼をたたんで狭いところを通り抜ける姿か...
Vodafone、4Gでのドローン初飛行に成功! 初フライトはクリスマスのお菓子配達
英国の携帯電話事業会社Vodafoneは、同国で初となる4Gモバイルネットワークを使ったドローンの飛行を成功させたと発表した。 将来的...
中国の軍用ドローン、中東で輸出増加=英シンクタンク
株式会社フィスコ 英国のシンクタンク・英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)が12月17日に発表した報告によると、中国の軍用ドロー...
ドローンが不審者を発見! KDDI、スタジアム警備の実証実験に成功
イベントでの安全を守るスマートドローン KDDIは警備会社のセコムと、ドローンのソリューションを開発するテラドローンと協業し、ドローン...
KDDIは、ドローンを使ったスタジアム広域警備の実証実験に成功しました。 この実証実験では、高高度を飛ぶ「俯瞰ドローン」と低高度を飛ぶ...
KDDIなど、埼玉スタジアムでドローン活用の広域警備の実証成功
KDDIとテラドローン、セコムの3社は12月18日、埼玉スタジアム2002の協力を受け、モバイル通信ネットワーク(4G LTE)および...
狭い場所では身を縮めて飛ぶ、チューリッヒ大学で開発中の可変ドローン
狭い隙間では翼を畳み、すり抜けて飛ぶ鳥のように、狭い隙間では身を縮めて飛ぶ可変式のドローン。 チューリッヒ大学、ダビデ・スカラムッツ...
障害物や人を回避しながら水中撮影できる世界初の自律型水中ドローン「iBubble」
フランスのスタートアップ企業、Notilo Plus 社は、NVIDIA Jetson TX2を搭載し、空中ドローンと同じように障害物...
潜水1000m達成の快挙! 今までなかった「スーパー水中ドローン」開発秘話
1000mも潜ることが出来る水中ドローン「TripodFinder」テレビ番組を見ていると、「これはドローン撮影だな」と思える俯瞰映像...
このドローンは状況に応じて縮む
チューリッヒ大学とEPFLの研究者が、隙間の大きさに応じて縮むことができるという、救出活動に最適かもしれない機能を持つロボットを開発し...
プログラミングドローンで盛り上がる韓国のスタートアップ
韓国で盛り上がるスタートアップイベント 各国でスタートアップが次々と起業される中、韓国でもここ数年アイデアに優れた製品をグローバル展開...
JAL、「ドローンPROパイロット技能認定会」に協賛
日本航空(JAL)は、日本の航空会社として初めて「ドローンPROパイロット技能認定会」に協賛する。 「ドローンPROパイロット技能認...
観覧飛行用1人乗りドローン「HEXA」、来年にもサービス開始!?
人が乗るドローンといえば、大手車メーカーや配車サービスなどが開発を競っている空飛ぶタクシーが真っ先に頭に浮かぶだろう。 しかしLift...
ブラウザでドローン映像が簡単に作れる「Google Earth Studio」がリリース
Google Earthは、Googleが開発するバーチャル地球儀システムですが、ドローン映像のようなものが非常に容易に作れる「Goo...
飛行経路や編隊飛行などを簡単に設定できるプログラミング教育用ドローン「Tello EDU」
小学校で始まる「プログラミング教育」により、プログラミングを学ぶためのサービスが続々と登場している。そんな中、Ryze Techは、プ...
JAXAのハロ、いきまーす!宇宙ステーション向け船内ドローン『Int-Ball』は宇宙飛行士を支えるパートナー
国際宇宙ステーション(ISS)といえば、地上から約400㎞という大気圏のはるか上空に建設された人類が誇る有人施設だ。中でも「きぼう」は...
ニューヨーク市警察、14機のドローンを配備。しかしお偉いさんから疑念の声が...
Image: Drew Angerer/Getty Images News/ゲッティ イメージズ ちょっと浮かれてるのかも? ニュー...
Amazonが5年後実現を約束したドローン配達、5年たったけどどうなってる?
Image: Amazon.com 5年かぁ。長いような、短いような。2013年12月1日、アメリカのニュース番組「60 Minut...