年金

「年金」に関するニュース記事一覧です。「年金」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

年金の新着記事RSS2019/01/20更新 最新情報をチェック!

森永卓郎「年金削減時代に備え、月13万円生活に切り替えろ」
「今年こそは老後資金を貯める!」そんなあなたは、去年も同じことを言っていませんでしたか? 同じ轍を踏まないために、お金の賢人に秘訣を聞...
2019年度の公的年金額0.1%引き上げ、4年ぶりの増額
2019年度の公的年金額について、厚生労働省は2018年度から0.1%引き上げると発表しました。4年ぶりの増額です。  18日公表され...
国民年金などの支給額が4月から0.1%増額されることになりました。  厚生労働省は去年の平均の物価指数が公表されたことを受け、4月か...
厚生労働省は18日、2019年度の公的年金の支給額を0.1%引き上げると発表した。プラス改定は15年度以来4年ぶり。ただ、支給額の伸び...
厚生労働省は18日、2019年度の公的年金の支給額を0.1%引き上げると発表した。プラス改定は15年度以来4年ぶり。ただ、支給額の伸び...
「年金暮らしジジイ」 不適切ツイッターの青森市議が議員活動へ
昨年10月の青森市議選で初当選した後、ツイッターへの不適切な書き込みが問題視され、議会を欠席していた山崎翔一議員(28)が16日、議員...
「私は年金を貰えない」と思っている人も実は貰える場合がある
老齢年金の受給資格期間が、それまでの25年以上から10年に引き下げられたのが平成29年8月ですが、この事実を知らない方が年金を請求し忘...
<新興国eye>前週のブラジル株、米株高や年金改革を好感し3週続伸=BRICs市況
前週(7-11日)のブラジル株式市場は11日のボベスパ指数が前日比0.16%安の9万3658.31と4日ぶりに反落したが、週間ベースで...
年金収入だけの老後が貧困同然であるワケ
「高年収ビンボー」と「低年収リッチ」はどこが違うのか。雑誌「プレジデント」(2016年11月14日号)では、それぞれにアンケート調査を...
フルタイムとパート勤務では、老後の年金額はどれくらい違う?
読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は...
ロスジェネ中年は一生負け続ける!? 就活、賃金、年金も...
バブル崩壊後の’93~’05年の就職氷河期に社会に放り出され、その後のキャリア形成期にデフレとなり、給料が上がらないまま36~48歳の...
定年後に損しない"失業保険・健保・年金"
在職中は会社が処理してくれた諸々の手続きも、定年後は、自分でしなくてはいけなくなる。定年退職時にしなければならない生活の根幹にかかわる...
年金は「夫は70歳、妻は65歳」から受給するのが一番得するワケ
一見、便利になった制度にも、落とし穴がある。複雑になっている制度のなかには、裏ワザも潜んでいる。何をしたらいいか、何をやってはいけない...
もしも個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」が元本割れしたらどう対処する?
リーマン・ショックから10年。復活を遂げたと言われる日本経済ですが、いつまた金融危機がくるのかは誰にも分かりません。もしも金融危機が起...
退職金は「一時金」と「企業年金」どちらがお得? お得な老後資金テクニック
『やってはいけない老後対策』(大村大次郎/小学館)  50代以上の貯蓄0円世帯が約30%もいる現代。老後のお金が心配になって色々と対策...
年金制度を「信頼できる」と答えた新成人の割合は?
マクロミルは1月8日、「2019年 新成人に関する定点調査」の結果を発表した。調査期間は2018年12月17~18日、調査対象は201...
年金が少ない人ほど"給付"も乏しいワケ
2019年10月から消費税が10%にアップする予定で、低所得者への影響は深刻だ。そこで、低年金者給付(年金生活者支援給付金)の実施を2...
260万→402万!? 年金の受給額は増やせる? 安心の老後を送るための「マネー術」
『老後資金は貯めるな!』(長尾義弘/河出書房新社) ■人生100年時代に対応した「枯れない老後資金」とは  60歳の時点で老後資金が1...
年金暮らしの人が「所得税・住民税・相続税」を払わない裏ワザ10
またぞろ消費増税がやってくる。生活必需品を購入しても、10%を国が持っていく。現役時代もさんざん払ってきたのにどうにも釈然としない。も...
なぜ、国民年金は「目の敵」にされるのか。歴史でわかる理不尽さ
年金を廃止すべきとの声に真っ向から反論した前回の記事「もし、本当に国民年金が廃止になったら我々に何が起こるのか?」が話題の無料メルマガ...