年金

「年金」に関するニュース記事一覧です。「年金」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

年金の新着記事RSS2018/01/21更新 最新情報をチェック!

第一生命ホールディングスは19日、米国連結子会社のプロテクティブ生命保険を通じて、米中堅生保リバティライフの個人保険・年金の既契約を再...
年金支給を70歳超えまで繰り下げた人は、いくら得をするのか?
先日、政府が2020年までに年金支給開始年齢をさらに引き上げ、70歳超えに先送りできる仕組みをつくろうとしていることが報じられました。...
【報ステ】年金受け取り 70歳以上も選択可能へ
動画を見る(元記事へ) 公的年金の受け取り開始について、70歳を超えても選択できる制度が検討されている。公的年金は現在、受け取りの開始...
【アジア・新興国】なぜ韓国の高齢者貧困率は高いのか-公的年金が給付面で未成熟、成熟してもなお課題山積-
■要旨OECD(2017) によると、2014年時点の韓国の66~75歳の高齢者の貧困率は42.7%でOECD平均10.6%よりも約4...
年金の受給開始年齢「70歳超」も?ネット上に「何歳まで働けば」と戸惑いの声
「年金の受給開始時期」がさらに繰り下げられるようになる方向だと分かり、注目が集まっている。 政府が「高齢者の定義」引き上げを検討 内閣...
年金受け取り遅らせる上限 70歳以上に引き上げへ
動画を見る(元記事へ) 政府は、公的年金の受け取りを遅らせることで受取額を上乗せする制度について、遅らせる年齢の上限を70歳以上に引き...
年金受給開始70歳以降も可 高齢社会対策大綱案の全容判明 65歳以上一律「高齢化」見直し 60〜64歳就業率67%目指す
政府がまとめた中長期的な高齢者施策の指針となる「高齢社会対策大綱案」の全容が16日、分かった。年金の受給開始年齢について70歳以降を選...
後で困るのはあなた。年金を未納ではなく免除にした方が良い理由
以前紹介の「年金が『最低10年加入に短縮』で油断していると、痛い目に遭う」という記事などで繰り返し「年金は未納ではなく免除にすべし」と...
「クレカで泣く人の特徴」「厚生年金の4つの誤解」ZUU online12月に読まれた記事ランキング
1月8日の成人の日も過ぎ、正月休みが長かった人も含めそろそろ正月気分は抜け、通常運転に戻ったころではないでしょうか。ZUU onlin...
「年金破たん」が言われなくなった理由...受給金額15%カットでも大丈夫
●主要メディアで年金破たん特集が減ったのには理由がある 「年金破たん」という言葉が、一時期はずいぶんメディアで踊ったものです。団塊世代...
次期公的年金改革の論点
公的年金財政の見通しの作成(財政検証)は、少なくとも5年に1度は行うことになっている。前回は2014年であり、次回は2019年までに実...
【手相占い】見逃すとヤバイ!? 2018年金運に恵まれる相
もしも昨年、お金に恵まれなかったとしても、2018年のマネー事情は良いものにしていきたいですよね! お金はあって困るものではありません...
「世界の年金基金トップ20」 日本のGPIFが首位、トップ300に日本の16基金
「世界の年金基金ランキング」が発表され、トップ300のうち最も運用資産が最も多いのは、1.2兆ドルを運用する日本の年金積立金管理運用独...
貯金ゼロ、年金は滞納の貧困家族...それでも妻が外で働くことに反対する夫と義父母
夫婦どちらかにトラブルがあっても、それを支えるパートナーの存在が既婚世帯の強みとされてきた。が、修復不可能な事態に陥る事例も珍しくない...
100歳人生時代の家計管理術 年金受給は先延ばしで最大42%増
年金繰り下げは、1カ月単位で申請可能だ(c)朝日新聞社  長寿化が進み、定年後20~30年生きることも普通になった。しかし、総務省の...
厚生年金基金とは何か? 厚生年金との違いは?
厚生年金と厚生年金基金、どちらも似た言葉であり、年金に関するものであることは想像がつく。しかし厚生年金に比べて厚生年金基金については内...
すべて10万円以下!年金で始める「安心株」投資
ローリスク・ハイリターン これほどの熱狂相場は、おそらくわれわれが生きている間にはもう見られない――。 市場関係者たちはいまそう口を揃...
結局、平凡な会社員が受け取れる年金の「平均額」は幾らなのか?
年金については長年議論されていますが、誰もが一番気にしているのは「結局、いくら貰えるの?」ということではないでしょうか。もちろん、人に...
続・損か得か国民年金基礎の基礎
●海外の年金制度をチェック このレポートは『損か得か国民年金基礎の基礎』の続編として、年金問題をその背景から考えてみたいと思います。年...
公的年金改革があると考える人はNISAやiDeCoに加入するか?-自助努力を進める可能性に関する実証分析
■はじめに公的年金の給付水準がマクロ経済スライドにより低下していくため、退職後の生活資金を準備する方法として、私的年金が重要になってい...