不動産

「不動産」に関するニュース記事一覧です。「不動産」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

不動産の新着記事RSS2020/01/19更新 最新情報をチェック!

川口が「本当に住みやすい街1位」って本当? 不動産業界の裏事情...
先月、「本当に住みやすい街大賞2020」がアルヒ株式会社より発表された。 画像:本当に住みやすい街大賞2020(アルヒ株式会社) 「...
不動産がこんなに高いんだもの 日本人が「中国人は裕福」と感じるのも無理はない=中国
不動産がこんなに高いんだもの 日本人が「中国人は裕福」と感じるのも無理はない=中国日本の百貨店や家電量販店などで爆買いをしたり、日本の...
田園調布が危ない!2020年不動産地獄、始まる
これから下がる駅、それでも上がる駅 2020年の東京オリンピック以後、国内消費が落ち込むという指摘は様々な場所でなされているが、それは...
静岡・掛川市「間違って市有地売却。返して!」すで開発進めてる不動産会社は「納得できん!」
静岡県掛川市が本来は売ってはいけない土地を売却してしまい、トラブルになっている。取得した不動産会はすでに宅地開発に着手していて、今にな...
おひとり様も大丈夫?不動産管理会社が伝える「高齢者の住活」のヒント
『家賃滞納という貧困』という書籍の著者である司法書士の太田垣章子さんは、多くの家賃滞納に陥った人たちにも会ってきた。昨今増えてきたのが...
あなたの家を安値で売りさばく「悪徳不動産仲介業者」の手練手管
前回記事はこちら【マンションを高く売るなら、査定に群がる不動産会社の実情を知ろう】 一般的な不動産仲介業者を使わずに中古マンションを...
晴海の選手村跡地マンションを購入するのは「不正解」――2020年不動産マーケットはこうなる!
2020年。いよいよ待ちに待った東京オリンピック・パラリンピックの開催年だ。思えば2013年、前年の衆議院総選挙によってあの「悪夢の民...
金融資産は「コスト」不動産は「ロケーション」から考える
日本経済新聞社の記事によると、確定拠出型年金における先進国株型のインデックス投信で、信託報酬が年1%を超える手数料が割高な商品の残高は...
猛烈な勧誘の「ワンルーム投資」。不動産業者が教える「うまい話に乗る前に知っておくべきこと」
ABC / PIXTA(ピクスタ)◆話題の「ワンルーム投資」はアリ? ナシ?  近年、サラリーマンの投資先として注目を集めることが増え...
オリンピック後、株や不動産価格はどう動くか
物価上昇が続けば円資産は目減りする 東京五輪が目の前に迫った今、その後の日本経済はどうなるか、気になるところ。景気が落ち込むとすれば、...
赤字収支でも確定申告を!家賃収入を得た場合に申告すべき不動産所得とは?
家賃収入を得た場合の処理 収入には税金がかかります。家賃収入を得た場合、どのような税金を納めなければならないのか、またどのような形で税...
一体なぜ? 日本で不動産を所有している友人が「泣いている」=中国メディア
一体なぜ? 日本で不動産を所有している友人が「泣いている」=中国メディア中国では不動産価格に強い関心を抱く人が数多く存在する。中国国内...
オフィス空室率、マンション契約率はマユツバ?「不動産」数字の罠
人口減少、供給過剰、信用収縮……転換期を迎えている不動産業界。これからの時代を生き残るには、今の常識をアップデートする必要がある。不動...
マンションを高く売るなら、査定に群がる不動産会社の実情を知ろう
連載第1回はこちら【自宅マンションのネット「セルフ売却」で、100万円以上トクした話】 「売り物件求むチラシ」は参考になるか? ...
住宅ローン不正が横行する不動産業界の闇 ターゲットは「年収が低めの若者」
若者に住宅ローンを借りさせ、投資用不動産を買わせる不正が蔓延している。  たとえば都内の飲食店で働く20代の男性店長は、店にかかってき...
会社員が健全に「不動産投資」を始めるための「シンプルなルール」
初めての人は、この条件を守ろう スルガ銀行ショックによって鎮静化しかけた会社員による不動産投資ですが、「老後2000万円問題」の影響か...
格安物件でも、こうすれば勝負できる!?<100万円からの不動産投資>
あらかじめまとまった資金がないとスタートできないイメージがある不動産投資だが、実は限られた元手でも十分に勝負できる手法は存在する。キャ...
2020年に不動産投資すべき欧州の6都市
欧州の主要な不動産市場は2019年、英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)によって大きな影響を受けた。当初は春に予定されてい...
「物件価値を見える化」で不動産業界に革命を起こす
(lucadp/gettyimages)  日本の不動産、戸建ての場合20年も経てば、上物の価値がなくなり、マンションでも入居した瞬...
今年もあとわずかとなりましたが、2019年は「老後2000万円問題」が注目をあびたことから、「資産運用」を意識した人も多かった年ではな...