不動産

「不動産」に関するニュース記事一覧です。「不動産」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

不動産の新着記事RSS2017/03/23更新 最新情報をチェック!

籠池家は不動産を仮差し押さえされ破産の危機 「父はすべてを話すだろう」と長男佳茂氏
国有地の格安売買から安倍首相との関係疑惑までが続出した学校法人「森友学園」籠池泰典理事長の国会証人喚問当日(2017年3月23日)、「...
「ファーストキャビン京都三条(仮称)」、今秋オープンへ 近ツー所有のビルを近鉄不動産が取得し賃貸
近鉄不動産は、近畿日本ツーリストが京都市中京区に所有していた事務所ビルを取得し、商業ビルにリニューアルを行った後、ファーストキャビンに...
融資締め付けが始まった首都圏の不動産
2016年後半から2017年3月現在にかけて、東京における金融機関にて「不動産融資」に対する締め付けが徐々に始まっている。今回は資産運...
法人税約1億円を脱税したとして、名古屋地検特捜部は22日、法人税法違反罪で名古屋市の不動産会社「ジーザス」社長で韓国籍の黄元圭容疑者(...
リアルエステートジャパン、外国人向け不動産賃貸に関してミサワホーム不動産と業務提携
フジ・メディア・ホールディングス傘下のリアルエステートジャパンとジープラスメディアは、ミサワホーム不動産と業務提携した。 リアルエステ...
JR西日本不動産開発、大阪弥生会館跡地のホテル建設工事に着手 来春開業
JR西日本不動産開発は、大阪弥生会館跡地でハイクラス宿泊特化型ホテルが入居する大阪北NKビルの建設工事に着手した。 土地はJR西日本...
人気都市の不動産調整を強化、3日で6都市が新政策―中国
北京市が17日に打ち出した不動産購入制限政策が、不動産市場の調整コントロールのスイッチを押すことになった。その後の3日間に、6都市が相...
【公示地価】不動産投信、地方物件に照準 一方で人口減がリスクに
平成29年の公示地価は札幌や仙台、福岡など地方中枢都市の上昇幅が三大都市圏(東京、大阪、名古屋)を上回った。日銀のマイナス金利政策を背...
不動産投資ローン借り換えのメリット・デメリット
不動産投資を行うにあたり、多くの投資家にとって欠かせないのがローンです。さまざまな金融機関が不動産投資ローンを扱っており、契約後でも別...
米国不動産にみる日本の不動産投資の未来
日本では金融緩和が継続していますが、米国では一足先に利上げへと方向を転換しています。この利上げが米国の不動産にはどのような影響を与えて...
海外不動産を持つメリットとデメリットとは?
日本は経済規模から考えると世界第3位の経済大国であるものの、世界経済から考えれば、ほんの一部分だといえる。既に日本国内の不動産を保有し...
日本の専門家が「中国の不動産はバブル期の東京を超えた」と驚き=中国ネット「でも収入はバブル時代の東京に遠く及ばない」
19日、財経網が、中国の大都市の不動産価格はバブル期の東京を超えたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄...
歌舞伎町にある「キャバ嬢御用達の不動産屋」に潜入『マツコ会議』
歌舞伎町にある「キャバ嬢御用達の不動産屋」に潜入『マツコ会議』 マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場...
戸建て? マンション? ホテル? 海外不動産投資の種類とは
資産運用の鉄則は分散投資だ。分散投資は、時間を分散する方法と、保有資産を分散する方法に大別できる。保有資産の分散を行うためには、異なる...
「建築×不動産×テクノロジー」で実現する理想の住まい
ツクルバは、村上浩輝と中村真広が2011年8月に共同創業したスタートアップ。会員制シェアードワークプレイス「co-ba」をはじめ、リノ...
不動産は「生命保険」の代わりにできるのでしょうか?
読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナー(FP)が答えるFPの相談シリーズ。今...
NY不動産市場を、入国禁止令と投資家ビザ問題が直撃
ニューヨークの不動産市場と言えば、燦然と光る金のごとく安全資産として長く愛されてきました。外国人投資家の存在は無視できず、セントラル・...
不動産購入前に覚えておきたい、不動産取得税の軽減措置
不動産を取得した場合、一部の例外を除いて不動産取得税がかかります。不動産取得税は各都道府県の管轄する税であり、取得した不動産の所在地に...
不動産による資産形成術! 初心者のためのポイントを解説
資産形成には、さまざまな方法があります。なかでも不動産投資に興味を持っている方もいるのではないでしょうか。初心者にはハードルが高そうな...
東証業種別ランキング:不動産が下落率トップ、三井不や三菱地所などさえない
株式会社フィスコ 不動産が下落率トップ。連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げが確実視されるなか、大手不動産にポジション圧縮の動き。...