不動産

「不動産」に関するニュース記事一覧です。「不動産」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

不動産の新着記事RSS2018/01/20更新 最新情報をチェック!

株、不動産、物価、為替 、2018年の日本経済はどうなる?
株高や円安が進み、都心の地価も上昇。「バブル再来」とも言われる景気だが、これは2018年も続くのだろうか。そこで、エコノミストで元日銀...
融資確率の推定機能と不動産情報連携の住宅ローンプラットフォーム
MFSは1月17日、住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」をリニューアルし、個人の信用スコアを分析して全国140金融機関の融資確率を...
中国大連万達、英ロンドンの不動産を90億円で売却へ 資金調達のためか
株式会社フィスコ  中国人富豪の王健林氏が率いる複合大手の大連万達集団(以下、大連万達)は今週、英ロンドンにある不動産プロジェクトの権...
インカムゲインだけではなくキャピタルゲインも狙える不動産投資。都心のオフィスでポートフォリオを組む方法
東京への一極集中が加速している。東京都の調査によると、2017年8月1日現在の東京都の人口は、推計で1,373万5,582人となった。...
地銀の狙いは不動産仲介業? 生き残りをかける「次の一手」
不動産業向け貸し出しは拡大基調(AERA 2017年1月22日号より)  すでに昨年度の段階で、半数以上が「本業」の赤字に陥った地域...
「不動産相続」土地の名義をそのままにしておくと起きる3つのデメリット
所有者不明の土地が増えているという。増田寛也元総務相ら民間有識者でつくる研究会が2017年6月に、「所有者がわからなくなっている可能性...
年間1億円も稼げる「シリコンバレー流」不動産投資のイロハ
依然ブームが続く不動産投資だが、日本の投資家の多くは、収益を生み続けるにあたり重要な点を見落としているという。『シリコンバレーのビジネ...
今、家を買うのは損?プロが予想する東京五輪後の不動産価格
東京五輪開催前の好景気に沸く日本。こうした好景気を反映してか、とくに東京都心の一部で、不動産価格が高騰している。「不動産で資産を運用す...
WeWorkのビジネスモデルと不動産業への影響の考察(2)-Amazonを参考にプラットフォーマーという視点からの分析
■要旨WeWorkのビジネスモデルと不動産業への影響を読み解く全2回のレポートでは、第1回でAmazonを参考にプラットフォーマーの特...
不動産投資家がサブリース契約を結ぶ時注意すべきポイントとは?
物件を一定期間、一括で借り上げてもらうことで、空室リスクを解消し、物件管理の手間を抑えられるのがサブリースです。良いこと尽くめのように...
不動産テックの衝撃 業界を動かすブロックチェーン
2017年はビットコインをはじめとする暗号通貨の飛躍の年となった。そして、暗号通貨の根幹技術といえるのがブロックチェーンであるが、ブロ...
不動産投資の確定申告 煩わしい作業を効率的にするには?
読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は...
CBREが2018〜2019年の不動産マーケットを予測。東京オフィス市場では「貸し手市場」から「借り手市場」へ移行か?
内閣府が昨年12月8日に発表した17年7~9月期の国内総生産(GDP、改定値)を見ると、実質で年率プラス2.5%と、堅調に推移している...
事故物件の見分け方、どこを見る?どういう不動産屋が信頼できる?
事故物件は見抜きづらい。真実を知る人が限定され、外部調査も難しい 不動産の中には「事故物件」や「訳あり物件」と呼ばれるものがあります。...
ビットコインで不動産売買できるサービス「HEYAZINE COIN」
イタンジは1月10日から、ビットコインで不動産の売買ができる新サービス「HEYAZINE COIN(ヘヤジン コイン)」を開始した。 ...
実態が営業職なのに「裁量労働制」なら要注意...野村不動産、労基法違反で是正勧告
【画像はイメージです(kou / PIXTA)】不動産大手「野村不動産」(東京都)で、調査や企画を担う労働者が対象の「企画業務型裁量労...
今、家を買うのは損!?プロが予想する東京五輪後の不動産価格
東京五輪開催前の好景気に沸く日本。こうした好景気を反映してか、とくに東京都心の一部で、不動産価格が高騰している。「不動産で資産を運用す...
不動産テックのイタンジ、ビットコインによる不動産売買サービス「ヘヤジンコイン」を提供開始
不動産テックのスタートアップ、イタンジは1月10日、仮想通貨で不動産売買ができるサービス「HEYAZINE COIN(ヘヤジンコイン)...
WeWorkのビジネスモデルと不動産業への影響の考察(1)-Amazonを参考にプラットフォーマーという視点からの分析
■要旨不動産業にも、技術革新による付加価値創造を目指す「不動産テック」の波が押し寄せており、最近ではプラットフォーマーと見做される企業...
ボロボロになった三越伊勢丹...自社ブランド過信の代償、ひたすらリストラで不動産会社化
5月11日の東京株式市場で、三越伊勢丹ホールディングス(HD)が、百貨店業界の株式時価総額首位の座を、初めてJ.フロントリテイリングに...