不動産

「不動産」に関するニュース記事一覧です。「不動産」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

不動産の新着記事RSS2019/07/23更新 最新情報をチェック!

不動産投資の成功と失敗......結局のところ決め手は何?
不動産投資を成功させるための方法については、本やメディアなどさまざまなところで解説されています。その中でたくさんの成功ポイントが挙げら...
不動産を相続しても売れない!安心して住めない! 「共有名義」の正しい対処法
不動産を相続するとき(あるいは近い将来相続の予定があるとき)は、最優先で登記簿を確認すべきです。なぜなら、単独名義と思っていたのに「実...
【ビジネスワイヤ】不動産開発のポラックスは、ポラックス・プロパティ・インドネシア会長のPo・Sun・Kok氏がインドネシアのトップ不動...
借金が怖くて不動産投資に踏み切れない!そんな人へのアドバイス
サラリーマンの副業として一般的になりつつある不動産投資。ただ、関心はあるけれど借金に抵抗感があって不動産投資に踏み切れないという人も多...
勝ちたい不動産投資家は必見!「強い立地」と「弱い立地」の違いとは?
不動産投資の成否は、立地選びによって決まると言われるほど、不動産投資において立地は重要です。立地において重視されるポイントは何なのか、...
不動産所得を増やす3つの方法
せっかく不動産投資をしているのだからなるべく所得を増やしたい、というのは多くの大家の願いでしょう。所得を増やすためには、支出を減らして...
佐藤太一郎「はい!丸尾不動産です」に出演決定
吉本新喜劇の佐藤太一郎お笑いコンビ、矢野・兵動の兵動大樹(48)と上方落語家桂吉弥(48)がW主演舞台の第2弾「はい!丸尾不動産です。...
「はい!丸尾不動産です。」早くも第2弾上演決定!佐藤太一郎も参戦
兵動大樹(左)と桂吉弥 ©カンテレ  7月1日に千秋楽を迎えたばかりの舞台「はい!丸尾不動産です。~本日、家をシェアします~」の第2弾...
内見もVRで。不動産テックで今注目の企業は?
不動産業界にもIT化の波が訪れ、中小から大手までさまざまな不動産会社が不動産テックの導入を進めています。不動産テックは、物件の売買や賃...
銀行・不動産屋があえて教えない、住宅ローンで「超・得する」凄テク
住宅ローンの金利が変動・固定ともに1%を切る超低金利時代とあって、いまのうちに借りなければと焦っている人は少なくないだろう。しかし、住...
Yahoo!官公庁オークションで昨年度最も高値で落札された不動産とクルマのランキング
「ヤフオク」こと、ヤフーオークションの利用経験者は多いはず。その一方で「Yahoo!官公庁オークション」については、馴染みがないという...
東急不動産とソフトバンク、VR/ARなど活用でスマートシティーの共創目指す
東急不動産とソフトバンクは、東京都港区の竹芝地区において、スマートシティーの共創を目指して、さまざまなテクノロジーの検証を実施すると発...
FXや仮想通貨でお金を失う人と、不動産投資で資産を着実に蓄積する人は何が違うのか?
「投資とは何か」と考えたとき、シンプルに“お金を増やすこと”と捉えている人も多いのではないでしょうか。確かに投資は、投資の原資である資...
不動産を生前贈与するとどんな税金がかかる?
相続税対策の手段の一つとして検討されるのが生前贈与です。特に、評価額が高くなりがちな不動産については、生前贈与を検討する方は多いです。...
不動産投資の目的とゴール
株式投資やFX投資と異なり、不動産投資は事業性が強く、その経営にはまってしまう人もいます。中には、不動産投資仲間同士で事業規模を競い合...
似ているようで全然違う!毎月分配型投資信託と不動産投資の決定的な差とは?
自分で銘柄を調べて投資をするのはハードルが高いけれど、プロに運用してもらえる「投資信託」であれば、気負うことなく投資をはじめられる。そ...
野村不動産はブラック企業を卒業できるか
ハードワークの社員が多く、2018年にはブラック企業大賞にノミネートされた野村不動産。会社のカルチャーを抜本的に変えようと、“昭和の男...
今後の市場金利と不動産融資
不動産投資は借入をして不動産を購入するケースが多いため、購入時の融資条件が非常に重要になります。中でも、変動金利で借入をしている人は、...
もしもの備えである「保険」と、未来をつくる「不動産投資」を比較してみよう
人生は、いつ、何が起こるのかわかりません。事故や病気など、私たちの暮らしにはさまざまなリスクが潜んでいます。そのようなリスクに対処する...
他人のお金で資産を蓄積!?預金よりはるかに大きい不動産投資のメリット
欧米諸国と比較して、日本人の多くは“預金”を好む傾向があります。日本銀行調査統計局が2018年に発表した「資金循環の日米欧比較」による...