起業

「起業」に関するニュース記事一覧です。「起業」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

起業の新着記事RSS2017/01/19更新 最新情報をチェック!

地方最大級の起業家イベントが東北にあるんです!
【ASCII STARTUP 業界ポジトーク】日本、世界で活躍するベンチャー、スタートアップ業界人が発信する最新情報をお届けします。
「何か始められそうな気がする」淳が酒飲みながら若手起業家とラジオでトーク
ロンドンブーツ1号2号・田村淳が出演するラジオ番組「田村淳の酒道入門『大人への扉』」(TOKYO FM)が、1月20日(金)と翌週27...
28歳の美しき起業家は「ワークもライフも選ばない」
(撮影=小野奈那子)伝統工芸を手掛ける職人とともに乳幼児向けの玩具や器などの日用品を開発・販売する「和える」社。代表取締役の矢島里佳氏...
満たされた妻は、起業などしない。誰も知らない、パーフェクト二子玉川妻の秘密
結婚は、女の幸せ。そう考える種類の女にとっても、結婚は必要条件に過ぎない。結婚しただけでは満たされない。女たちの欲望は、もっと根深いも...
MotoGPの経営学「チームを起業してビッグビジネスにする方法」
MotoGPのパドックを、疾風のごとく駆け回っている男がいる。長身、かぎ鼻、鋭い目つき。慌ただしく動きながらも周囲への目配りを忘れず、...
託児所完備 東京都が驚きの起業家支援施設を丸の内に開設
編集部でのこぼれ話を中心に、この先のスタートアップ関連の動きをおさらい! 記事にする必要のない余計な情報、ウラ話を中心にゆる~くお届け...
経験や人脈をシェアできる「起業家シェアハウス」活用術
(c) irodori-factory かつて大きな注目を集めた「シェアハウス」。複数人で住居を借りて暮らすスタイルだ。一時は影をひそ...
「日本の起業家ランキング2017」 ベスト10の全貌
2016年10月某日、日本のスタートアップ業界に詳しい8人のメンバーが集い、ランキング評価委員会が開催された。ショートリストの起業家3...
契約費用だけで80万円も 参加者に聞いた起業セミナーの実態
(©ぱくたそ)「お金持ちになりたい」「人より目立ちたい」「誰かを見返してもてたい」と考える人の中には、一攫千金を狙える起業に興味を持つ...
「起業家育成」に力を入れている米大学ランキング
グーグルやフェイスブックの成功を見て、大学在学中に、あるいは卒業してから起業家を目指す人が世界中に増えている。中でも、シリコンバレーを...
警察業務を革新するテック企業「Mark43」 ハーバード卒25才が起業
スコット・クラウチ(25)は、ハーバード大学在学中に同級生と共に警察向け業務管理ソフトウェアを開発する「Mark43」を設立した。ニュ...
女性起業家がスモールビジネスで成功するための4つの条件
Sheeva Sairafiが28歳の時に自己資金で始めたのが、職人が手掛けた製品を使ったホーム・デコレーションのビジネスだ。彼女は資...
旧ソ連国家に支援される“起業家マフィアたち”
「スタートアップ」と聞いて、あなたはどの国を思い浮かべるだろうか? きっと多くの人の頭に浮かぶのはシリコンバレーなどがあるアメリカであ...
いま勉強を始めるなら、ファイナンス! 15歳で起業した男が教える、ファイナンスの基本
『ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。』(正田圭/CCCメディアハウス)  ファイナンスとは何かを概観し、ファイナン...
生理用品の「タブー市場」に切り込んだ女性起業家たち
ニューヨークでは2015年の秋、生理用ナプキンの機能を兼ね備えた女性用下着を製造するTHINX(シンクス)が地下鉄で展開した、巧妙かつ...
経験や人脈をシェアできる「起業家シェアハウス」活用術
(c) irodori-factory かつて大きな注目を集めた「シェアハウス」。複数人で住居を借りて暮らすスタイルだ。一時は影をひそ...
<躍動!アジアの世紀(3)>中台韓印で育つIT起業家たち=アリババ馬氏に続き大ブレイク―先端Web、グローバル分業がけん引
世界一の経済成長センター、アジアをけん引するのは新たな技術やビジネスモデルを編み出し、市場を開拓する起業家たちである。写真は2010年...
【Interview】土日に勉強して40歳手前で起業!ソニー、楽天のノウハウを活かし「Smooz」を開発した加藤雄一氏に迫る
起業は早い方がいいか、遅い方がいいか?一般的には早ければ失うものは少ないし、年を取れば経験は増えるが守りに入ってしまう。起業するために...
スタートアップ起業家が「共同創業者」を持つことのメリット
筆者は単独でルームメイト探しのアプリRoomiを起業した。起業にチャレンジする場合、筆者のように単独で起業する人もいれば、パートナーを...
【Interview】一流企業を辞め、海外赴任オファーを蹴って40歳手前で起業!スマホ用ブラウザ「Smooz(スムーズ)」開発者の加藤雄一氏の熱い思いに迫る!
スタートアップの界隈で学生起業は珍しいことではなく、社会人経験を積まずに起業する人も少なくない。そんな人が多い中、40歳手前で起業しア...