アベノミクス

「アベノミクス」に関するニュース記事一覧です。「アベノミクス」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

アベノミクスの人気記事話題にあがった記事からピックアップ

  • 厚労省の「捏造」が発覚し、問題となっている「毎月勤労統計」の不正問題。これらの偽装行為が事実であれば「実質賃金はマイナスになる」と指摘するのは、メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんです。新さんは...
    「毎月勤労統計」不正問題で暴かれた、アベノミクスの化けの皮

アベノミクスの新着記事RSS2019/02/22更新 最新情報をチェック!

日本で企業倒産が増加している! 「アベノミクスが日本経済をだめに」=中国メディア
日本で企業倒産が増加している! 「アベノミクスが日本経済をだめに」=中国メディア東京商工リサーチの調べによると、2019年1月の全国企...
アベノミクスのためのギャンブル運用で年金15兆円が溶けた!
「公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、’18年10月~12月期の運用実績で、14兆8,000億円もの運用損...
アベノミクス、逆回転の兆候...GDPも貿易収支もマイナス、10月の消費増税に暗雲
日本電産の業績の下方修正発表と、会見での永守重信会長兼CEO(最高経営責任者)の発言が波紋を広げている。  1月17日、日本電産は20...
高橋洋一の霞が関ウォッチ 実質賃金があぶりだす「アベノミクスの正しさ」
ちょっと聞きなれない言葉が国会で話題になっている。実質賃金である。もともとと毎月勤労統計の統計不正の追及から出てきたが、アベノミクス「...
アベノミクスで年収400万円台の人々は投資をするようになったのか
一般家庭の投資を推進するスローガンとして、以前は「貯蓄から投資へ」というフレーズが政府を中心に唱えられていました。現在、このフレーズは...
「すべて成功」でも「すべて失敗」でもない最長景気 アベノミクスの明と暗とこれからと
戦後の景気拡大期の長さランキングのベスト3は、(1)いざなみ景気=2002年2月~2008年2月の73カ月、(2)いざなぎ景気=196...
勤労統計調査不正問題など:アベノミクス精緻な検証を
石破  茂 です。 毎月勤労統計の問題は、この先どうなるのか見通しが立たないのですが、官僚の側に数字をよく見せかけるための偽装や忖度が...
統計不正でも「アベノミクスによる経済回復」という評価は覆らず...雇用者報酬は増加
各省庁の経済統計の不正が次々と発覚し、こうした統計データに基づき評価されてきた「アベノミクスの成果」自体を疑問視する指摘も出ている。そ...
「アベノミクス偽装」の発端は麻生大臣の“大号令”? 最初に報じたのはどの新聞か
「アベノミクス偽装」で激論の国会ですが国会開会してから最ものんびりしていた記事が、 【写真】この記事の写真(5枚)を見る 「首相はどっ...
あの日銀ですら危機感を抱く、アベノミクス「統計偽装」の大暴走
連日大々的に報道されている、厚労省による調査統計不正問題。“偽装”が明るみに出るやすぐにキーマンと目される同省官僚を更迭した政権サイド...
【報ステ】統計不正の背景にアベノミクス?野党追及
動画を見る(元記事へ) 厚生労働省の不正統計問題をめぐり、根本厚労大臣は5日、「去年の実質賃金の伸び率が、実際にはマイナスになるのでは...
「アベノミクスで実質賃金が低下」と叫ぶ経済オンチ
厚生労働省公表の「毎月勤労統計調査」は、全数調査が必要な対象事業所の一部の調査をせず集計し、長年の間、偽装していたことが明らかになった...
虚飾だらけの「アベノミクス」。果実を得られるのは「身内だけ」という現実
首相官邸ホームページより 1月28日の国会で行われた安倍晋三総理の施政方針演説。ニュース番組では部分的に切り取られることが多く、なんだ...
アベノミクスは嘘だったのか? 「毎月勤労統計」不正の影響を政治家の発言から追う
「不正統計」の問題が噴出している。厚生労働省が「毎月勤労統計」を不適切な方法で調査していたことが明らかになった。昨年の実質賃金の前年同...
「毎月勤労統計」不正問題で暴かれた、アベノミクスの化けの皮
厚労省の「捏造」が発覚し、問題となっている「毎月勤労統計」の不正問題。これらの偽装行為が事実であれば「実質賃金はマイナスになる」と指摘...
勤労統計の賃金上振れは「アベノミクス偽装」ではない
国会で毎月勤労統計についての審議が続いているが、政局がらみの話ばかりだ。データの誤りが2004年からなのに2018年のサンプル変更ばか...
基幹統計捏造発覚の中、「アベノミクス」の数値を誇る、安倍晋三総理の施政方針演説
首相官邸ホームページより 安倍晋三総理が1月28日に国会で「施政方針演説」を行いました。しかし、その内容は、どう考えても片っ端からツッ...