カターレ富山

「カターレ富山」に関するニュース記事一覧です。「カターレ富山」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

カターレ富山の人気記事話題にあがった記事からピックアップ

カターレ富山の新着記事RSS2016/12/07更新 最新情報をチェック!

カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|今季のJ、そして富山での1年を振り返って
今年のJリーグはレギュレーション(大会ルール)の難しさが際立つシーズンとなった。    浦和対鹿島のチャンピオンシップ(CS)は、年間...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|立山は早くも雪化粧。今季ラストゲームは冬の訪れとともに...
富山駅南から鉄道の高架下を潜り抜け、練習場のある草島まで約15分。わずか信号機5つを通り過ぎると、練習場にたどり着く。    富山で有...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|たった1パーセントの努力が生み出す奇跡
僕が親しくしているスポーツ心理学博士で、メンタルトレーナーの先生がドキッとする数字を言った。 「101パーセント」。   120パーセ...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|蕎麦屋で考えるセカンドキャリア
これまで、このコラムでも何度か紹介してきたが、富山で生活するうちに行きつけの店が何軒かできた。僕のような単身生活にとっては大事な店だ。...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|政治にスポーツマン精神を取り入れては?
東京都知事が小池さんになって、時代も少し変わるかもしれない。   「出る杭は打たれる」 「臭いものには蓋をしろ」  こんな時代から真実...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|好きだからこそ言いたい富山のいいところ、悪いところ
富山は田舎だと言われるが、なかなか物価が高い。もちろん、美味で名高い店ばかりなのだが、食事に出てもそう安くはない。某日の昼下がり、僕は...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|理不尽な判定でもリスペクト。ただ間違ったら謝るべきだ!
97歳で他界した僕のおばあちゃんが言った。 「間違ったら謝りなさい」と。    おばあちゃん「ごめん」。おばあちゃんが死んじゃったのは...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|女子レスリングの吉田選手は「敗者」なのか?
人間は同じ物を見ても違う感じ方をする。立場が違えば、見え方も違ってくる。対象の好き嫌いによっても違うのであろう。    そして、それま...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|五輪で感じた日本の「美しさ」
リオ五輪真っ只中の昨今。我々もリーグ戦の真っ最中でありながらも、やはり日本の活躍は本当に氣になっている。その勇姿に刺激と勇気をもらい明...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|失敗を覚悟でトライする気はないか?
「失敗したらやり直せ」 「成功したら花が咲く」 と言ってなかなかチャンスをモノにできない若い選手を試合に送り出したことがある。  人...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|サッカーを知らない人々に向けて何を示せるか?
富山に住み始めて、半年が過ぎた。  先日、51歳(7月15日)になり、心、新たにリスタート。この世に生を受けて半世紀が経ち、サッカー...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|駐車場のおじさんの「神対応」
いつも車を停めている地下の駐車場には、誘導してくれる係のおじさんがいる。僕のために確保してもらっている一台分の狭いスペースに、毎日おじ...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|ONとOFFの使い分けが重要だ
相模原とのアウェーマッチを終えて、東京の自宅へ戻った。  久しぶりにゆっくりと時間を過ごせる日は、選手にとってもコーチングスタッフに...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|日本戦で思わぬ富山の洗礼を受けて考えたこと
先日、キリンカップの決勝・日本-ボスニア戦を見ようとテレビのチャンネルを探った。だが、放送していない。これがまた富山の現実だ。  そ...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|ある寿司職人から聞いた「新人時代」の話
富山と言えば魚が旨い。  ホタルイカ、白魚、寒ブリ、かに、海老はもちろんノドクロにカワハギ。いろんな地方で味わえる魚が富山にはほぼす...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地帯』|100年後の行く末と岡崎選手の情熱
イングランド・プレミアリーグのレスターが、創設133年目にして初のリーグ優勝を飾った。わずか2年前にチャンピオンシップ(2部)から這い...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|心に響いたふたつのライブが示すもの
富山に来て3か月半が経過した。 「今年は雪が少ない」と富山市民の誰もが口を揃えた1月に富山に入り、比較的過ごしやすい冬を越え、春も桜...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|こんな時代だからこそ本当の「嫌われ者」になる勇気を
現役時代、ヴェルディ川崎との3年契約が満了になり、再契約を結ばないと言われた翌年、僕はアビスパ福岡を新天地として現役を続行した。当時は...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|ピュアな心を持つ県民にサッカーでの喜びを
富山には日本一がたくさんあるという。 「持ち家率日本一」  47都道府県のなかで、一軒家を持っている世帯の比率が一番多い県だという。...
カターレ富山監督 三浦泰年の『情熱地泰』|プロでもアマでも、団体でも個人でも「今」をしっかり闘うことが重要だ
プロフェッショナルとアマチュアの違いとは、いったいなんなのか――。  いろんな分野の人と話をするが「サッカーのプロも、企業のプロも同...