起業家

起業家の人気記事話題にあがった記事からピックアップ

起業家の新着記事RSS2018/06/22更新 最新情報をチェック!

アジア全域を勝負のフィールドにした、日本人起業家の哲学
「日本のことは好き」と口にする一方で、アジア全域を勝負のフィールドに選んだ日本人起業家がいる。グローバルで勝つために──、エニーマイン...
台湾でスタートアップ育成の「アリババ」 起業家に3億ドル用意
6月5日から開催された台湾のテック見本市「COMPUTEX」には400以上のスタートアップ企業が参加した。そこで存在感を発揮していたの...
「ミュージシャン版のエアビーアンドビー」目指す英国起業家
「ミュージシャンのためのエアビーアンドビー」として存在感を高めているのが、イギリスのスタートアップ「アンコール(Encore)」だ。同...
天皇陛下 町工場で若手起業家を激励
動画を見る(元記事へ) 天皇陛下が東京・下町の町工場を視察し、高齢者や病気の人のために開発事業を行う若い起業家を激励されました。  ...
成功する起業家が思いを馳せる「見えない世界」
前回の記事(「米国の大学がゴールとして掲げる最強の動機付けとは」http://jbpress.ismedia.jp/articles/...
レシートが1枚10円にかわるアプリ「ONE」公開、17歳起業家が新たに目指すのは“次世代の金券ショップ”
突然だがみなさんは買い物をした際に渡されるレシートをどうしているだろうか?面倒くさがりな僕はたいてい「レシートはけっこうです」と言って...
ノキアからヘルスケア事業を「買い戻した」起業家の告白...
5年前、ビリオネアのマイケル・デルは自身の名を冠したPCメーカー「デル(Dell)」をMBO(経営陣が参加する買収)により非公開化した...
起業家、浜田寿人「和牛に魅せられて」
メード・イン・ジャパンの100以上のメンズカジュアルブランドが集うイベントが、横浜の大さん橋ホールで開催された。 欧米やアジアなど、世...
最もヤバい起業家が政権中枢を目指すワケ
「世界で最もヤバい起業家」と呼ばれるピーター・ティール。決済サービス「ペイパル」創業者であり、投資家としても活躍するシリコンバレーの伝...
あなたの「お金とキャリアの悩み」に答えます! 第7回 老後に備えるにはいくら投資すればいい? フィンテック起業家に聞いてみた
財務省、MBA留学、マッキンゼーを経て、2015年にスタートアップ企業・ウェルスナビを立ち上げた柴山和久さん。お金にまつわる独自のキャ...
市場規模10億ドルの「eスポーツ」活性化を狙う25歳起業家
米国でeスポーツは盛り上がりを見せ、全米の大学45校以上にeスポーツ選手の育成を行なう学部や学科などがある。今年2月、調査会社「New...
「好き」を見つける起業家メソッド
講演会などで、これからの働き方などについてお話させていただく機会が増えているのですが、主に学生や若い社会人の方から、似たような質問を受...
給料の翌月一括払いは、もはや“時代遅れ”。50年以上変わらない給与制度を変えようとする25歳の起業家
働き方改革の名の下、少しずつ変わり始めた日本の労働環境だが、給与制度を変えようという声はあまり聞かれない。現行制度に誰もが親しんでいる...
「妊娠可能検査」に革命を起こす30代女性起業家の挑戦
妊娠可能検査のスタートアップ企業「Modern Fertility」は5月31日、600万ドル(約6.5億円)のシード資金を、ベンチャ...
米国最大の女性起業家特化ファンド「リシンク・インパクト」
社会的意義だけではなく、利益獲得も両立させる社会インパクト投資。可能性を秘める女性の成功を支援する投資は、過去にない規模の資金を集めて...
日本とW杯対戦のコロンビア代表MFハメス、仮想通貨立ち上げで華麗な起業家デビュー
仮想通貨を立ち上げ、起業家デビューを果たしたハメス【写真:Getty Images】 5月27日から購入可能 ファンクラブミーティング...
あなたの「お金とキャリアの悩み」に答えます! 第6回 「つみたてNISA」解約しないほうがいい?フィンテック起業家に聞いてみた
財務省、MBA留学、マッキンゼーを経て、2015年にスタートアップ企業・ウェルスナビを立ち上げた柴山和久さん。お金にまつわる独自のキャ...