ワールドカップ

「ワールドカップ」に関するニュース記事一覧です。「ワールドカップ」についての注目ニュースや最新ニュースを掲載しています。

ワールドカップの新着記事RSS2017/03/25更新 最新情報をチェック!

千夜一夜より一攫千金! ドバイワールドカップはこの馬たちで大儲け
今年のドバイワールドカップデーを検討するうえで重要なポイントとして、出走各馬の戦績やコンディションのほかに、天候と馬場状態という要素が...
日本馬7頭が参戦!「ドバイワールドカップデー」を完全分析!(2)米国勢の独壇場になる?
日本馬の中で最もチャンスがあると見られているのが、シーマクラシックに出走するサウンズオブアースだ。秋山氏が話す。「昨年、ドゥラメンテを...
【FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017スペシャルコンテンツ】【U-20日本代表】サムライボーイズ、9日間で4試合を戦うドイツ武者修行ツアーを敢行中
5月20日に開幕するU-20ワールドカップ、そして3年後の東京五輪を見据えて活動するU-20日本代表の欧州遠征が3月19日より始まって...
ドバイワールドカップ馬券的中へ。日本馬の調整具合をチェックしてみた
砂漠を舞台にしたカーニバルで、今年も国際競馬の幕が開く。5つのサラブレッドの国際GI競走を含む9つの国際競走開催であるドバイワールドカ...
日本馬7頭が参戦!「ドバイワールドカップデー」を完全分析!(1)日本馬の活躍の行方は?
今年最初の海外馬券は、3月25日「ドバイワールドカップデー」に行われるGI3レース。世界最強馬アロゲートに注目が集まる中、日本勢はドバ...
▽B組日  本 2 1-0 0 アラブ首長(13)   1-0   国連邦               (9)   ▽得点者【日】久保...
騎手の武豊が日本代表戦を観戦!同じく「ワールドカップ」でUAEに滞在
スタジアムに姿を現した騎手の武豊 (C)新井賢一 サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第6戦が、3月...
『おおいなる天空への誘い』  スキージャンプFIS ワールドカップ 16/17 プラニツァ大会プレビュー
空中に入ってこれでもかと粘りの飛躍をみせる葛西紀明(土屋ホーム) 小柄なクラフトはラハティ世界選手権の金メダル獲得で勢いの波に乗った ...
15年ぶりにアスペンに戻って来た男子スラローム。第1シード入り目前の湯浅直樹は意地を見せられるか=FISワールドカップ男子SL最終戦アスペン
総合6連覇の大記録達成に加えて、技術系2種目でもタイトル獲得。この冬もワールドカップはマルセル・ヒルシャーを中心に回った2016/17...
北欧シリーズ遥かなるビケルスン スキージャンプFIS ワールドカップ 16/17 ビケルスン大会プレビュー
ゆっくりと落とされていった葛西紀明(土屋ホーム)には悔しさがうかがえた 名門ジャンプスタジアムのオスロ・ホルメンコーレン(ノルウェー)...
『北欧シリーズ霧のホルメンコーレン』 スキージャンプFIS ワールドカップ 16/17 オスロ大会プレビュー
バイキング魂で意地のある応援が団体戦でノルウェーを銀メダルに押し上げた 毅然とした軍楽隊の衣装もあでやかに、太鼓を軽やかに打ち鳴らすそ...
最後にどんな結末が待っているのか? ワールドカップ・ファイナルの魅力=FISワールドカップ男子アスペン
5連覇を達成した昨シーズンのワールドカップ・ファイナル。マルセル・ヒルシャー(オーストリア)今季も圧倒的強さで前人未到のワールドカップ...
ワールドカップの開催地にもなった 南アフリカが誇る美しきベイエリア
Magnificent View #1256 ポートエリザベス(南アフリカ) (C)Robert Harding Images /...
『ラハティの追い風とマテリアル開発競争』スキージャンプFIS ワールドカップ 16/17 後半戦プレビュー
人間味あふれる心づかいとそこに余裕の笑顔があった葛西紀明 葛西紀明は青い吹き流しのごとくラハティの安定の追い風に落とされていった 「風...
金正男暗殺の北朝鮮、日本とのワールドカップ共同開催という仰天プランが持ち上がる
韓国サッカー協会会長・鄭夢奎氏が日本と北朝鮮を巻き込む仰天構想を発表(写真:韓国日報より)  鄭夢奎(チョン・モンギュ)大韓サッカー協...
米国の最強馬アロゲートがドバイワールドカップ参戦
昨年のBCクラシックを制したアロゲート 昨年のBCクラシック、先月のペガサスWCを制した米国の最強馬、アロゲート(牡4)のドバイワール...