菜々緒のメイク

菜々緒のメイクは手順や化粧道具の使い方など、彼女自身が考えたメイク方法のもと成り立っている。メイク道具は主にメイベリンニューヨークのものを愛用している。 また、フルーツと野菜入りのスムージーを飲んだり、リンパマッサージで血流を良くするなど体の内側から改善することも行っている。

菜々緒のメイクのポイント(ファンデーション〜チーク)

メイベリンニューヨークのリキッドファンデーションをつけた後、チークをのせるのが菜々緒流。一般的にはファンデーションの後にはパウダーをつけるが、この順序を変えることにも菜々緒ならではのメイクのこだわりがあった。


パウダーよりチークが先なのはリキッドと密着させて落ちにくくする為だけど、ただの自己流。

菜々緒のメイクのポイント(アイメイク)

メイベリンのアイシャドウ、マスカラを使用。そしてアイラインが最も”菜々緒っぽさ”を出すキーになる。


(1)目を閉じて、ブラックのペンシルアイライナーで上まつ毛の際を塗ります。奥二重の方は、目を開いたときに二重になっている部分から描き始めます。
(2)目尻はできるだけ太くします。
(3)目を開いて、黒のリキッドアイライナーで上まつ毛のあいだを埋めていきます。
(4)リキッドアイライナーで目尻から3mm程度長く引き、最後は跳ね上げます。

菜々緒のメイクのポイント(サロン)

このほかにも、菜々緒はマツエクサロンや整体に行くなど、上手にプロの力を借りている。


先日ドラマ「ファーストクラス」の最終回を大人気のまま迎えたレミ絵さんこと菜々緒さんがご来店。デザインはいつもと同じ目尻パープル

出典: Honey LASH

先日、渋谷DSクリニックで有福先生に整体を。腰を痛めたのを一発で治して頂き、顔の歪みを整えて小顔にして頂きました。

菜々緒のメイクの新着記事RSS2016/12/05更新 最新情報をチェック!